花ノ文 会津娘 2017年9月5日

昨日まで飲んでいた、花ノ文・夏咲
17090543.jpg

冬の醸造した酒を寝かして夏酒としてリリース
17090544.jpg
50%精米:大吟醸 吟醸香はしますが旨味が勝ってます。
先日一緒に飲んだKBさんからの頂き物。
美味しく頂きました。ありがとうございました。


続いて、会津娘・純米酒 2,592円
17090545.jpg

純米酒 50%精米
17090547.jpg

名前の通り、会津若松のお酒
17090548.jpg

5月は燗酒で飲んだのですが、飯豊と尾瀬にこの酒の本醸造を
持って行ったところ、とても美味く評判も良かったです。
常温で飲むのが一番良いのが判ったので、改めて飲み直すことにしました。

常温だと吟醸のフルーティさが生き、平淡だった旨味が増すような気がします。
来週東京へ大相撲を見に行く予定なので、観戦中に飲む酒として購入しました。

吾妻 一切経 2017年9月3日

昨日は飲み会、同級生のSK君と仕事でお世話になってるKBさんが
共通の知人ということで、一緒に飲みました。

本日3日は、台風15号が逸れたことで快晴になりました。
競馬をするのももったいないので吾妻山の散策。
6月と同じコースを歩きますが、咲いてる花が違うのが嬉しい。

7:50兎平駐車場に車を置き、8:00出発。
17090331.jpg
噴煙はわずか。

ナナカマドが赤くなり始めました。
17090332.jpg
秋の気配が感じられます。

ドウダンツツジ(ヨウラクかも)も斑になってきました。
17090334.jpg

もう少し経つとこうなります。
17090335.jpg

エゾリンドウ
17090336.jpg

酸ヶ平分岐から小屋に向かうと左側にウメバチソウが咲いてました。
17090338.jpg

17090339.jpg
葉がハート形をしています。

いつもの景色
17090340.jpg
鎌沼と東吾妻

山頂9:10着、五色沼
17090341.jpg

吾妻連峰
17090342.jpg
西吾妻は雲の中、東大巓はわずかに見えます。

風が強いので早々に引き返します。
鎌沼を回って10:40浄土平戻り、ビジターセンターが改装されたので
立ち寄りました。五色沼をドローンで撮影したモニター画面が面白かったです。

いつものように吾妻小舎に立ち寄りコーヒー400円を頂きました。
飯豊の川入の民宿の親父さんが、ここの小屋番が三国小屋と本山小屋に
いたとの情報があり、声をかけたらコーヒーを頂いている間話をしました。
数日前も川入に行って来たとの事、10年前に私が本山小屋に泊った際、
小屋番をしていたそうです。

今日のお風呂は野地温泉ホテル、800円がクーポン券で300円引き。
今日は天狗の湯でした。

たった今、新潟競馬10Rが終わりました。飯豊特別、この夏縦走した山の名前。
縦走したおかげで馬連2,500円適中しました。

尾瀬 2017年8月26日27日

会社の同期が3月で定年退職し、尾瀬の山小屋で
働き始めました。慰問を兼ねて1泊2日で行くことにしました。
ところがOT君は先週で山を下りたとの事。
同期のMD君、MR君、OT君の3名は鳩待から小屋に向かいます。

私の会社のHDさんとMTさんは尾瀬夜行で行きます。
私は前日、白河ラーメン、日帰り湯、尾瀬御池駐車場泊。
とら食堂に11時に着いたのですが、既に2回戦11:30に入店しました。
チャーシューメン910円
17082604.jpg
手打ちの中細の縮れ麵、スープは優しい旨さが引き立ちます。
これは並んでも食べる訳ですね。
チャーシューは肩ロースは見えますが、手前にバラと肩ロースの下に
カブリが入った定番チャーシューです。
南会津町南郷の道の駅きらら289の風呂、700円をクーポンで半額。
檜枝岐のJAで夕食と朝食のパンを購入し御池駐車場で車中泊。

翌朝は夏風邪をひいたので沼山峠で尾瀬夜行のバスが着くのを待ちました。
6:20HDさんとMTさんと合流、彼らの朝食と準備を待ってから
7時前に雨の中を出発、雨が降ると花がきれいです。
キンコウカ
17082605.jpg

大江湿原を進むHDさんの背中
17082606.jpg

ヤナギランの丘へ寄り道しました。
17082607.jpg

17082608.jpg

17082609.jpg

ウメバチソウ
17082610.jpg

サワギキョウ
17082611.jpg
サワギキョウとオゼミズギクはあちこちで見かけました。

長蔵小屋の裏から見た燧ケ岳
17082612.jpg
逆さ燧が見える場所ですが、風が強く小雨混じり。

ビジターセンターで花の名前を確認、コーヒーを飲んでから
8:00過ぎに出発、雨が止み、青空がのぞき始めました。
沼尻休憩所手前から見た燧ケ岳
17082613.jpg

沼尻休憩所は数年前に焼失。再建し始めていました。
9:00普通の登山道を尾瀬ヶ原に向かって出発
11:00今夜宿泊の「原の小屋」に着きました。
17082614.jpg

チェックイン後コーヒーを飲んで11:20尾瀬ヶ原を散策しました。
下田代から見る至仏山
17082615.jpg

振り返って燧ケ岳
17082616.jpg
もう完全な青空になりました。

池糖にはヒツジグサ
17082617.jpg

中田代のミズバショウで有名な場所
17082618.jpg
当然ミズバショウの季節ではありません。

ヒツジグサばっかり
17082619.jpg

牛首からヨッピ吊橋に向かいました。

途中の池糖にオゼコウホネが一輪
17082620.jpg
ずっと探していたけどようやく見ました。

逆さ燧ケ岳
17082621.jpg

14:00小屋戻り、外でHDさん、MTさんと飲み始めました。
15時過ぎにMD君、MR君、OT君到着。乾杯をして間もなく
16時の風呂の時間になり宴会を一時中断し入浴。
17時夕食後も飲んでいたら夕闇になってきました。
17082625.jpg

17082626.jpg
小屋に泊らないとこんな風景に出合えません。

20時宴会を終了して就寝、5時半までぐっすり。
翌朝6時朝食後、準備をして6:40出発。
帰りはOT君も加わり4人で燧裏林道コース。
歩き始め、尾瀬ヶ原にお別れ、至仏山はガスがかかってました。
17082727.jpg

MTさんと私は三条の滝に寄り道
平滑の滝
17082728.jpg

三条の滝
17082729.jpg

滝の下部
17082730.jpg
すごい水量です。MTさんも喜んでくれましたが、
段吉新道への登りがきつく、バテたようです。

横田代で2名と合流、10:40御池駐車場へ戻りました。
原の小屋は檜枝岐村にあるのでコインをもらいました。
駐車1,000円が無料となりました。

燧ケ岳を堪能したので、今日は燧の湯500円に入りました。
近くで裁ち蕎麦を食べ、13:20頃会津高原尾瀬口まで送りました。

高速を使い15:30帰宅しました。
おしまい。

飯豊山 2017年8月13-14日

飯豊山 2017年8月12日から読んで下さい。

8月13日は大日岳往復する予定でしたが、霧雨で山の風景が見込めない。
昨日の疲れもあり、縦走を進めることにしました。
5:30出発。

右に雪渓を見ながら歩きます。雪渓歩きはありませんでした。
ヨツバシオガマ
17081385.jpg
この花もあちこちで見かけました。

ハクサンイチゲも咲いてました。
17081387.jpg

17081388.jpg

イブキトラノオの群生
17081392.jpg

ニッコウキスゲ
17081390.jpg

梅皮花小屋8:30-50
17081393.jpg
ここは水場が近くて豊富、トイレも水洗らしいです。

北股岳
17081394.jpg
今日の最高峰です。

門内小屋を過ぎ、梶川尾根分岐を右に別け
地神山11:10
17081396.jpg
ここで川入から上がったトレランの人と会話。
日帰りなので、ここで引き返すそうです。

ついに見つけました。イイデリンドウ
17081397.jpg

17081488.jpg
飯豊山の固有種です。小さくて可憐な花です。

頼母木(たもぎ)小屋12:20着
17081489.jpg
水を引いており豊富。トイレもバイオ式なので快適。1,500円
ここは新潟県胎内の登山会が管理。山のスケッチ展を宿泊棟でしてました。
水が豊富なので素麵を茹でた時、小屋番さんから刻みネギのプレゼント。
とても美味しく頂きました。ありがとうございました。

小屋では、200名山中の御夫婦、50前半の単独男性、単独女性などと同宿しました。
50前半の男性は川入インで、当日は杁差(えぶりさし)を往復し、翌日丸森尾根下山。
単独女性は丸森尾根を上がり翌日下山、山のスケッチ展を見に来たとの事。
11:40飯豊山荘のバスがあるとの事なので、翌日は男性と同行しました。
彼は健脚で、私が疲れてきたので30分ほど遅れ、ご迷惑をおかけしました。

5:40小屋を出発。
丸森尾根を下山し始めるとここにもニッコウキスゲ
17081490.jpg

ガレ場を下るとガスが切れ始めました。
17081491.jpg

梶川尾根
17081492.jpg

丸森尾根分岐
17081493.jpg
山の写真はこれだけです。またガスに包まれました。

結構急斜面を下ります。最後の方でちょっときつい岩稜、
足場が見えず苦労してしまいました。また飯豊山荘が見えてからが長い。
もうすぐと思いながらガレているため中々進みませんでした。
バテていたのでそう思うのかも知れません。

10:20飯豊山荘下山、風呂500円。
風呂上がりにビールを飲んでいたら、頼母木小屋で同宿の女性と会いました。
バス時間を確認してくれており、11:40のバスは運休と調べてくれていました。
更に山形から車で来ているとの事で、小国駅まで乗せてもらいました。
もしお会いできなければ15:25まで4時間待つことになります。本当に感謝します。

12時小国駅まで送って頂きお別れ、単独行の男性と昼食、14:13の米沢行きの電車に乗り
15:40山形新幹線に乗り帰宅しました。

単独行の男性は、こんな方 動ける限りは走り続けよう
この方とも話をしながら時間潰しできました。ありがとうございました。

今回は大日岳も杁差岳もパスしました。再訪したいと思います。その時のためのメモ。
飯豊山のコースタイムは、最初は3/4で歩けるのですが、バテるとコースタイム通りに
なります。私の場合初日は6時間まで、2日目以降は4時間までで、それ以上は
コースタイム通りの予定を立てた方が良いと思います。

皆さんにご協力頂き無事帰ることが出来ました。ありがとうございました。

飯豊山 2017年8月12日

今年の夏季休暇は10連休、でも天気は思わしくない。
でも長期休暇は今だけなので、予定通り飯豊山へ出かけました。

8月11日は川入への移動のみ。会津若松の駅前で昼食をとり、
山都駅から出るアクセスバスの時間の電車に乗車。

川入の民宿「高見台」に宿泊。夕食には熊肉の煮物、イワナの甘露煮など
美味しい料理でした。翌日は4時半朝食後、5時登山口まで車で送ってもらいます。

小白布沢登山口、飯豊トンネルへ続く道から、左に細い林道があるのですが
入口には鍵付きのロープ、ここから歩きます。この林道は木を切り出した時に
車が入れるようにした作業道、登山道も作業道を整備したそうです。
林道入口の300m先に駐車場があるので、かなり使い勝手が良さそうな登山口です。

長々と書いてしまいました。これからは写真中心にします。
5:30出発、歩き始めは霧の中を歩きます。
17081261.jpg
沢を2回渡渉しますが、歩きやすい道でした。
なんと横峰に7:00に合流、御沢より1時間短縮しました。

峰秀水7:20-30
17081262.jpg
冷たい水でした。剣ヶ峰の手前、気を引き締まる前に休憩する絶好の場所です。

剣ヶ峰が始まります。
17081263.jpg
30分強、長い岩稜が続きます。数か所クサリもありますが三点支持を
しっかりすれば安全に通過できます。下山時の三点支持は足の置き場が
見えにくいので、あまり下山に使いたくないです。

剣ヶ峰を抜けるとすぐ三国小屋8:40-9:00
ここからはお花畑が続きます。
チングルマの群生
17081267.jpg
チングルマのアップ
17081268.jpg

この花は判りません。
17081269.jpg

マツムシソウ
17081271.jpg
マツムシソウはここだけでなく、あちこちで咲いてました。
またハクサンシャジンも多く咲いてました。

切合(きりあわせ)小屋10:30-50
17081272.jpg
飯豊山中で唯一食事を提供してくれます。
小屋前に水場があり助かります。

今回はガスの中ばかりなので、10年前の写真を2枚
地蔵岳付近から見た飯豊本山
07081384.jpg
左の方に小さく切合小屋が写ってます。

切合小屋付近から見た大日岳
17081398.jpg
晴れていればこんな景色が見えるのですが今回は全く見えません。

ここからもお花畑が続きます。
エゾリンドウは開花前
17081273.jpg

今回唯一の雪渓を歩きます。
17081274.jpg
雪渓の入口と出口は踏み抜きそうで結構怖いです。

チングルマ
17081275.jpg

アオノツガザクラ
17081276.jpg

アオノツガザクラのアップ
17081278.jpg

ミヤマキンポウゲかな?
17081279.jpg

ハクサンフウロ
17081280.jpg

御秘所
17081281.jpg
2回ほど岩を跨ぎますがあまり大した事はありません。

本山小屋12:50-13:00
17081282.jpg
良いペースで登りました。予定の御西小屋へ向かいます。
本山へ向かう途中、20人ほどの空身の団体とすれ違いました。
おそらく今日の本山小屋はかなりの混雑になるでしょう。

飯豊本山13:10-20
17081283.jpg
周囲は何も見えません。

ここからの稜線歩きは、アップダウンも少なく快適です。
ニッコウキスゲもあちこちで見る事が出来ます。
17081284.jpg

御西小屋14:40着。写真失念
先に水場へ行きましたが、下り5分登り7分疲れた体には結構遠い。
協力金2,000円、トイレは汲み取り式。
小屋では小国山岳会の方たちを中心に10名ほど宴会中。
小屋は新潟県阿賀町が所有してますが、小国山岳会が管理してました。
一般者は2階に15名程度、楽にスペース確保できました。

翌日に続きます。飯豊山 8月13-14日