お酒 > 玉旭うすにごり 燗たぬき

玉旭うすにごり 燗たぬき

1月は積雪がひどかった。従って週末は雪かきと競馬三昧でした。
でも先週土曜は映画「知事抹殺」の真実を見て佐藤栄佐久氏の来場。
映画は裁判をメインに彼の体験を彼の立場で映像にしていました。
前前県知事は全ての権力を失っただけでなく、退職金の返納を要求され裁判中。
以前の上司を平気で訴える事のできる役人の恥知らずさを感じています。

さて、今日もお酒の紹介。
玉旭うすにごり 2,592円(税込)
17013179.jpg

純米の生酒
17013180.jpg

富山県八尾町のお酒です。
17013181.jpg
八尾といえば、おわら風の盆で有名です。ぜひ見に行きたいです。

酒はフルーティさが少なく、いかにも日本酒といった趣き。
根本酒店で購入時に、生酒だけど燗はどうか尋ねた所、お勧めとのこと。
燗で飲むことにしました。

燗の道具、燗たぬき。
17013182.jpg
たぬきのデザイン、可愛らしいです。
左の瓶にお湯を入れ、右の瓶に入れた酒を燗付けます。
130ccしか入らないので1回分にちょうど良い。

日本酒は、甘みと旨味と酸味のバランスを感じます。
このバランスの好みを人それぞれが感じれば良いと思います。

燗をすると甘みが強くなります。酸味は変わらないが苦味が減り
甘みが強くなるので酸味が弱まります。従って酸味が強めの酒が燗に合います。
つまり純米酒が燗に合うことになります。
この酒は生酒、フルーティさを前面に出した酒は燗酒には合わないのですが、
甘味旨味酸味の変化を感じさせるこのような日本酒は燗酒が合います。

2/5(日)は「福島県産酒を楽しむ夕べ」の予定。へべれけになりそうな予感。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する