2015年07月 の記事一覧

福島競馬場 2015年7月25日

福島競馬場を紹介します。

福島競馬場の特徴は、とにかく馬が近いこと。
従って迫力を身近に感じる事ができます。

開催中は駐車場1,000円なので、通常は自転車ですが、
雨天の際は市民プール近くの無料駐車場から10分ほど歩きます。

土曜は開場10分前、日曜は20分前、重賞の時は30分前に並びます。
開場と同時にいつもの3階席へ。馬券売り場とパドックの間の席に座ります。

いつもの席から
15072545.jpg
画面もほぼ正面。

パドックは、放送席のすぐ下あたり。
15072546.jpg
オッズや馬体重が見やすい。
5番の馬のあたりで馬の気配をチェック。
この場所は午後になると日差しが当たってきつくなります。

ここからは内場場のお勧めの場所を紹介。
まず障害のタスキの場所。
15072547.jpg
レース前に馬に場所を教えるためここに来ます。

通り道が観客側に設定されてます。
15072548.jpg
子供がいると立ち止まってくれるやさしい騎手もいます。

レースになると
15072550.jpg
障害にぶつかる音がすごい。

バンケットに向かう馬。
15072551.jpg
この後はターフビジョンが見える場所へ移動しレース観戦。

続いて福島路ビール
15072553.jpg
場内のビールより100円高い510円ですが美味いです。

今日はピルスナー
15072554.jpg

ダートレースの内場場もお勧めです。
15072555.jpg

約5mくらいの所を走り抜けます。
15072556.jpg
馬の走る音やムチ音が凄い迫力。
1700mだと2回目の前を通ります。

スタンドに戻りパドック
15072558.jpg
近すぎてよく判らない。
遠くても良く分からないから関係ないか。

ファストフードプラザの「もつ煮込み」410円
15072559.jpg
もつがたっぷり入ってます。

後は席に戻り、観戦しました。
スポンサーサイト

田代山・帝釈山 2015年7月11日

今日は晴天の予報、かねてから計画してた田代山と帝釈山へ行く。

朝4時40分出発、二本松⇒白河中央⇒会津田島⇒たかつえスキー場。
舘岩から田代山方面へ左折、湯の花温泉を過ぎ、集落を過ぎてから
約15kmのダート道、結構辛い。皇海山は約40kmのダート道だからもっと辛そう。
7時過ぎに猿倉登山口に到着、7:20出発。

登山道のアカモノ、標高が2,000m近くあるのでまだ残ってました。
15071111.jpg

1時間弱で小田代へ着きます。
15071114.jpg
気持ちが良い。

更に20分ほど歩く田代山山頂8:40着。
15071119.jpg
奥の山は会津駒ヶ岳。
山頂は湿地帯、解放感があります。苗場山もこんな感じでした。
尾瀬が日光国立公園から別れ、尾瀬国立公園になったときに
会津駒とここが国立公園に含まれました。

ワタスゲが満開
15071122.jpg

15071123.jpg
こんなところを歩くのだから気持ちが良いに決まってます。

それにしてもワタスゲが凄い。
15071124.jpg

避難小屋9時少し前に通過、森林帯に入るとオサバグサ
15071125.jpg

15071126.jpg
ピークを過ぎたかな、ちょっとショボイ。

イワカガミ
15071130.jpg

帝釈山手前には(ハクサン)シャクナゲが咲いてました。
15071131.jpg

9:50帝釈山着、絶景でした。
本白根山の山頂
15071133.jpg

燧ケ岳
15071134.jpg

平ヶ岳
15071135.jpg

会津駒
15071136.jpg

10分ほど休憩し、10:00絶景を後にする。
10:50田代山避難小屋、カップ麺を食べ11:20発。
行き帰りは違う木道を通ります。

コバイケイソウも満開でした。
15071138.jpg

ニッコウキスゲは咲き始め
15071140.jpg

帰りは水場に立ち寄ります。
15071141.jpg
とても冷たく、頭からかけ冷やしました。

12:20駐車場着。食事休憩入れて5時間の山歩でした。

今日のお風呂は湯の花温泉。4か所の共同浴場が200円で入れます。
入浴券を買った店でお勧めを聞くと、河原にある石湯は風情あるとの事。

川に降り、橋の上から下流に見えました。
15071142.jpg

中はこんな感じ。
15071143.jpg
混浴ですが、誰もいませんでした。
湯が熱かったけど、誰もいないので加水して適温にして入りました。

カップ麺だけでは物足りないので、帰りに蕎麦屋へ。
会津高原尾瀬口の少し北の方にある、おり田。
15071144.jpg
ソバは美味かったけど、汁が弱いのが少し残念でした。

17:00自宅到着、満足感のある山歩でした。

帰りのダート道で車に乗った二人組の方へ
もしこのブログを見たなら眼鏡を預かってますので
コメントしてください。