2013年06月 の記事一覧

雄国沼 2013年6月28日

職場の同僚と雄国沼を計画。4年前の経験から
萎れた花が少ない方がきれいなので6月下旬に決めた。

8:10雄子沢を出発、小1時間で雄国沼分岐へ。
雄国山を先に登る。雄国沼ニッコウキスゲ群生地の遠景。
13062817.jpg
湿原が黄色になっており、満開の予感。

磐梯山は雲の中。
13062819.jpg

休憩小屋に戻り、広い散策路を歩いて行くと目的の湿原に着く。
13062812.jpg
こんな木道を歩きます。

物凄い、言葉になりません。
13062813.jpg

13062816.jpg

13062827.jpg

13062829.jpg
白いのはコバイケイソウ、終わりかけでした。

奥の山は先ほど登った雄国山。
13062831.jpg

13062833.jpg

サワランも咲いてました。
13062835.jpg

休憩小屋でカップ麵を食べ登山口へ戻る。
車でラビスパ裏磐梯へ向かう途中、急な雨が。
歩いている時でなくて良かった。
ラビスパ裏磐梯、500円がクーポン券利用で半額の250円。

夕方から別な同僚と麻雀。このツキを利用し大幅プラスでした。
今日は競馬だけど、一晩過ぎるとツキは離れるだろうな。
スポンサーサイト

磐梯山 2013年6月9日

今日は快晴、久しぶり(1年ぶり)の磐梯山。
今回は裏磐梯の周回コース。八方台、表登山口、
翁島口を歩いたけど、このコースが変化に富んで
いると思います。

7:10裏磐梯スキー場出発、
スキー場上部についてほどなく銅沼(あかぬま)
13060964.jpg
逆さ磐梯山(櫛ガ峰)が写ってきれい。

中ノ湯跡の少し上で八方台コースと合流。8:20
ここから山頂までは人が多くなる。
銅沼とスキー場が見下ろせる。
13060967.jpg

飯豊山がきれいに見えました。
13060968.jpg

9:30山頂着。
13060972.jpg
今回は山頂から猪苗代湖が見下ろせました。
山頂はアブの大群に占領されてました。

弘法清水小屋でなめこ汁300円を飲みながら昼食。
小屋番さんが変わっていました。10:10-30

お花畑からガレた道を下る水場(黄金清水)あり。
ここ水は弘法清水よりも美味しいと思う。
このあたりはイワカガミとミヤマキンバイが満開でした。
バンダイクワガタもこの辺に咲くのかなあ。

鞍部に近づくと、銅沼、スキー場、桧原湖が見下ろせる。
13060975.jpg

櫛ガ峰、登れるかなあ?
13060976.jpg
上部のルートが見えない、高所恐怖症なので登るのは中止。

噴火口へ向かって下山。別角度の櫛ガ峰
13060977.jpg
このあたりのイワカガミも満開でした。

途中かなり急こう配、鉄の手すりに掴まりながら降ります。
噴火口について櫛ガ峰方面
13060979.jpg

磐梯山方面
13060980.jpg

噴火口はガレ場、方向がわかりにくいけど
右方向にロープがあり、ロープの脇を歩いて行くと良いです。

ほどなくスキー場上部に出て山歩終了。
12:00駐車場戻り。5時間ほどのコース。

ここからは花の写真。山頂のミヤマキンバイ
13060973.jpg

鞍部からの下り道でのイワカガミ
13060978.jpg

噴火口からスキー場へ向かう途中のレンゲツツジ
13060981.jpg

今日のお風呂は国民休暇村
13060983.jpg
700円だけどクーポン券利用で200円引き、500円。

天気が良く最高の山歩でした。

安達太良 2013年6月1日

福島は六魂祭で賑わうだろうけど、10万人の人出を当て込んだ商売気や
10万人に対しわずか2,800台しか準備しない駐車場、想像される渋滞など
腹立たしいことが多いので、今回は温泉三昧に決めた。当然くろがね小屋。

ゴンドラを使わないで薬師岳へ登るコースは初めて。
約1時間でいつもの場所に着いた。
13060150.jpg

ムラサキヤシオ
13060152.jpg

ミネズオウ
13060153.jpg
これが満開、とてもきれいでした。

小1時間で山頂着。船明神の奥に磐梯山
13060155.jpg

吾妻連峰
13060156.jpg
飯豊もはっきり見えました。

クレーター沼ノ平
13060157.jpg

頂上直下のイワカガミはまだ咲いておらず
勢至平のイワカガミ
13060162.jpg

13060161.jpg

くろがね小屋に13時過ぎに着いて温泉三昧開始。
夕食前4回、夕食後2回入りました。(内緒は1回のみ)
夕食後15人の団体が宴会を始めて騒々しい。
周囲に迷惑をかけていることを自覚して欲しいなあ。

翌2日は真っすぐ下山、混む前に福島競馬場へ入りました。