福島旅行

カテゴリ:福島旅行 の記事一覧

荒川サイクリング 2015年4月29日

連休初日、荒川を自転車で溯上することにした。

荒川河口
15042937.jpg
弁天橋の下流、先に見えるのは天神橋

八木田橋と信夫山
15042938.jpg

桜づつみ公園
15042939.jpg

仁井田橋
15042940.jpg
この左の変電所の社宅に5年間住んでいました。

八重桜が植えられてました。
15042942.jpg

上名倉の和光神社
15042943.jpg
由緒がありそう。

吾妻山
15042944.jpg

安達太良山系、中央は箕輪山
15042945.jpg

桜と地蔵原堰堤
15042947.jpg

山吹がきれいに咲いてました。
15042951.jpg

荒川第一堰堤とマイチャリ
15042952.jpg

この先は行けない。
15042954.jpg

帰りにアンナガーデンへ立ち寄り、福島路ビールを頂く。
15042956.jpg
ピルスナー500円。

8時頃出発、第一堰堤10時頃、2時間くらいかかりました。

おしまい。
スポンサーサイト

玉子湯 大悲山の石仏 2012年5月20日

5月19日京都時代にお世話になったYoさんが来福。
一昨年秋に続き2回目、福島を案内する。

まずフジの花が満開のようなので、上野寺のチャレンジガーデンへ。
12052039.jpg

12052041.jpg
見事なフジ棚、個人の家を開放している。
場所は吾妻PAの西側。

磐梯吾妻スカイラインを案内し玉子湯へ宿泊。
部屋から撮影、発祥の湯小屋
12052042.jpg
八重桜が満開。

一番奥の茅葺屋根の所に男女別露天風呂がある。
12052043.jpg
とても良いお風呂でした。
夕食も囲炉裏でなかなか美味しかったです。
高湯は硫黄がきついはずなのだけど、思ったよりあっさり。
以前はタオルが黒くなるくらいのイメージだったけどなあ。

5月21日旅館を出発し松川へ来た時、クマガイソウの案内が。
Yoさんは山野草に興味がありぜひ見たいとのこと。
私も3年ぶりなので、見に行く。
12052048.jpg

アップ
12052047.jpg
これだけ自生しているのは珍しい。

ここから飯館村を通り原町へ。そこから今回の目的地の小高地区へ。
原発の20km圏内であったが、4月に戻ることが可能になった。
小高の町中は震災のまま、崩れた家がそのままになっていた。

まずは観音堂から
12052052.jpg
お堂は崩れたけど、千手観音は無事
12052053.jpg
左上の部分

阿弥陀堂は崩れていて判別不能。薬師堂へ。
お堂の中はガラス戸になっていてガラス越しに拝む。
12052056.jpg

12052058.jpg

12052059.jpg

12052060.jpg
顔は判別できないけど大きさに圧倒される。
平安時代の優れた磨崖仏でした。

この後昼食は、ゆうから(旭川ラーメン)で味噌野菜ラーメン。
松川浦へ。斎春がオープンしていることを確認。
震災直前の斎春
松葉カニが安くて美味かったなあ。
ここから新地を回ったけど、津波の爪痕がひどかった。
仙台のホテルにチェックイン後、仙台仔虎で米沢牛を
ごちそうになり、帰宅しました。


福島観光 2012年4月30日

前職場の同僚KIさんが滋賀から来福。
土日は福島競馬、30日1日福島と東北観光案内した。

29日福島競馬最終レース後に花見山へ行く。
桜はほぼ終わり、桃源郷の雰囲気は無くなりましたが
ハナモモとボケが満開でした。

ハナモモ全景
120429094.jpg

ハナモモアップ
120429097.jpg

別のハナモモ、赤と白の混血
120429086.jpg

翌30日は福島県内を案内。
まずは合戦場のシダレ桜
120430101.jpg

120430103.jpg
菜の花が満開、桜が映えるなあ。

三春の滝桜、遠望
120430104.jpg
散り始め。葉が目立つようになりました。
120430107.jpg

120430109.jpg

高速に乗り、会津方面から大内宿こぶしラインを南下。
いつもの場所から撮影
120430112.jpg

裏磐梯へ移動、無料のゴールドラインを北上
毘沙門沼から磐梯山
120430116.jpg

無料のレイクラインを経由して、無料のスカイライン。
吾妻小富士に軽く登る。

種蒔き桜を見に慈徳寺へ
120430117.jpg
これも散り始め

シャクナゲが満開
120430120.jpg
今年はヤエを見に行こうかなあ。
桶沼の登り道沿いに2本、吾妻小舎の庭前に1本あるらしい。

翌5月1日は、松島、平泉、水沢観光。
遊覧船は霧のため欠航、平泉はすごい人出。
水沢の武家屋敷、後藤新平、齋藤實(まこと)の記念館は閉館。
水沢競馬場で、金沢場外を2R試してから帰宅。
笑月庵たむらで食事をし、夜行バスを見送りました。

浄土平、裏磐梯、大内宿 2011年10月1日2日

10月1日 中学時の同級生T君が福島へ来たので案内する。

まずはいつものスカイライン、浄土平 一切経の噴煙
11PA0101.jpg
今日は登らない。

ススキの吾妻小富士の斜面
11PA0104.jpg
この辺りの紅葉は来週が見頃でしょう。

高湯で入浴する時間がなくなり、そのまま福島でミニ同級会。
5人集まり、2次会で更に2名合流。

翌10月2日は好天、裏磐梯へ。毘沙門沼から
11PA0207.jpg
定番の写真だけど樹木が邪魔

ビジターセンターに寄ってからサイトセンターへ
11PA0208.jpg
少し遠いけど、ここの方が良く見える。ピンボケ失礼。

ゴールドラインを経て表磐梯。
11PA0209.jpg
頂上付近の木々は赤味が増している。

大内宿こぶしラインを通って大内宿へ。
まずは、山本家のくるみ蕎麦900円
11PA0212.jpg
蕎麦は好み、くるみを溶くとコクが加わって美味。
1本ネギで食べてもしょうがないのでくるみ蕎麦にした。

町並み記念館250円を見てから定番の町並み写真
11PA0215.jpg
きれいな茅葺きの町並み。囲炉裏を使ってないので
燻されず腐りやすい、茅の手入れが大変そうです。

白河へ送る。甲子トンネルができてから便利になった。
会津下郷から先は、尾瀬に行った時と同じ道。

蕎麦の量が少なかったので、有名なとら食堂へ。
2時半なのに凄い混雑。昼営業は終了、間に合わなかった。
少し戻って通り沿いの普通のラーメン屋、要屋。
11PA0216.jpg
中華蕎麦650円。麺は細めの縮れ麺、腰があって美味い。
スープはさっぱり目、魚介ダブルスープにすると
もっと美味いと思うけど。全体的にはまあまあでした。

15時過ぎ、新白河駅に見送り、高速で帰宅しました。

大内宿・喜多方・米沢 2010年10月31日

台風がそれて曇り、雨が降らないだけ良かった。
7:30ホテル出発、混まないうちに大内宿へ、8:30着。

きれいな茅葺の家並み
PA310009.jpg

紅葉がきれい、山はガスがかかっている。
PA310010.jpg
ここは田舎風商店街、五平餅やラムネを食べ歩く。
焼き栗を食べながらぶらついた。店員も飯盛山ほど毒されておらず素朴。
徐々に人は増えてきて、既に観光バスが5台着いていた。

9:30出発し、10:30喜多方着。まずは坂内食堂。
PA310011.jpg

中華そば600円
PA310012.jpg
太い平打ち縮れ麺、とんこつの透明なスープが美味。

大和川北方風土館、おだづき蔵通りを散策。
金忠の喫茶室で、みそソフトクリーム300円。

うるし美術博物館300円。観光バスが停まっており悪い予感。
予感通り最悪。ショボイ資料館と高い商品の陳列、300円はボリすぎ。

14:00喜多方発、15:00-15:30小野川温泉尼湯で入湯200円、熱い。
16:00上杉家御廊所(ごりょうしょ)300円、樹齢400年の杉が見事。
16:30上杉神社参拝し、17:00夕食は駅前の「べこや」、米沢牛の店。
3人でサーロインステーキ200gと焼肉。
上カルビ、中落ちカルビ、タン、モツ盛り合わせ、野菜、キムチ盛合せ、
ビール、酒を飲んで計1万7千円、美味でした。

18:30京都の2人と別れ、19:30福島着。
翌日彼らは、茂吉記念館と山寺散策、仙台宿泊し翌々日京都へ戻る。
また、京都へ行ったときにお会いしましょう。