朝日・雪倉・白馬

カテゴリ:朝日・雪倉・白馬 の記事一覧

朝日岳 2016年8月15日

今年の夏山は、8年前白馬岳から見た北方面の山並みが忘れられず、
温泉ベースに周回できる蓮華温泉に決めました。

蓮華温泉駐車場は、70台可能だけどかなり一杯になるらしいので、
14日(日)に移動し、駐車場泊し、15日から行動することにしました。

単純移動ではもったいないので、まず喜多方ラーメン。
喜一に10:00に着いたけど既に閉店、こんなに早く売り切れるの?
喜一
続いて源来軒へ。チャーシューメン800円。
源来軒
節系の香りが立った、喜多方縮れ麵、まあまあかな。でも特徴がないかな。

続いて長岡の新潟近代美術館でモネ展を見に行く。1,500円。
結局売らずに残した、睡蓮とテュイルリー公園の絵を見れました。
印象派の絵はあまり好みではないけど、貴重な展示会でした。

ここから今日のメイン、火炎土器を見に行きます。
新潟県立歴史博物館510円。
これがお役所仕事、訴える物が何一つなく宣伝だけ。
火炎土器は最後に1コーナーあるだけで物足りなさが残りました。

ここの近くの馬高(うまたか)縄文館で火炎土器展を行っているので
立ち寄ったら、これが大正解。素晴らしい展示を見る事が出来ました。
カタログからの写真
16081489.jpg

16081490.jpg

馬高縄文館
実物はとても素晴らしい。縄文時代中期の作。
昭和11年に馬高遺跡で見つけられたのが最初、芸術性豊かです。
長谷川宏著の日本精神史に書かれて興味を持ちました。
日本精神史

糸魚川のマックスバリューで夕食を購入し蓮華温泉へ。
平岩駅から林道を20kmほど上がるのですが、とても狭い道で神経を使いました。

駐車場で車中泊し、5:10出発。
ガスがかかってあまり良い雰囲気ではありません。
16081592.jpg

兵馬ノ平でのトリカブト
16081593.jpg

ウメバチソウ
16081594.jpg

白高地沢出会まで標高差300m下ります。7:10着。
ますます良くない雰囲気。
16081595.jpg

ここから樹林帯のカモシカ坂を上がると開放的な場所に出ます。
16081596.jpg

この上が花園三角点8:20-30、ここで雨がひどくなり合羽を着ます。

ハクサンシャジンが鈴なり。
16081597.jpg

キンコウカも満開
16081598.jpg

ここから豪雨になり、カメラをザックにしまいました。
千代の吹上(親知ずへの分岐)の上で、今回初めての雷鳥が登山道に。
目の上が真っ赤の雄が一羽、カメラを出せず写真はありません。

朝日岳を超え、朝日山荘12:00着。ようやく雨が止み、明日向かう山が見えました。
16081599.jpg

先ほど大雨だった朝日岳
16081608.jpg

とりあえず小屋にチェックイン。朝日小屋は食事の良さで有名。
朝日小屋の食事
これが凄い。天狗山荘の鍋にも驚いたけど、最高食事を用意してくれてました。
刺身、揚げ物に煮物、ホタルイカの沖漬まで。オーナーは女性。
自身小うるさいと言っていたけど、気遣いが素晴らしい小屋です。
トイレには臭いがこもらない様に換気扇、宿泊部屋は扇風機で換気など。
気持ち良く泊りました。

同部屋は4人、マニアックな人が集まり、楽しい話ができました。
まず隣の宮城県柴田のHRさん、山情報も知っているだけでなく
山スキーやMTB情報も詳しい。彼は翌日蓮華温泉へテント泊。
と思っていたら向かいの40歳くらいの人は秘湯マニア、
MTBで近づいて徒歩数時間は厭わない。ブルーシートは必需品、
湯量と湯口から出ている量からかけ流しかどうか判るそうです。
彼は親知ずへ向かいましたが、2時頃から出発したので翌日中に
向かったかも知れません。ホントに親知らずの人でした。
これで終わりではなく、もう一人のUNさんは県境マニア。本を出しているそうです。
関東ぐるり一周山歩き

こんな話を出来るなんて、楽しい夜が過ごせました。
夜中の2時に出発した秘湯マニアの彼は大丈夫なのかなあ。
県境マニアのUNさんとは翌日一緒に白馬へ行きました。
スポンサーサイト

雪倉岳・白馬岳 2016年8月16日

今日が今回のメイン、朝日小屋から雪倉岳、白馬岳への縦走。

昨日は雨の中だった朝日岳
16081608.jpg

これから向かう縦走路、左が雪倉岳、中央奥が白馬岳、右は旭岳
16081609.jpg
最高の天気です。

小屋から富山湾が見渡せます。
16081610.jpg
写真では分かりにくいけど、能登半島も見る事ができます。

5:10朝日小屋を出発。水平道へ行きました。
朝日岳との合流点あたりから見上げる朝日岳
16081613.jpg
立派な山です。

同部屋のUNさんと同じ行程、彼は朝日岳を回ってから来るとの事。
1時間ほど遅れるはずなので、白馬の登りで追いつかれるかと思ったら
雪倉岳の登りで追いつかれてしまいましたが、彼とほぼ同時に行動しました。

雪倉岳の登りで今回2度目の雷鳥、今回は母鳥と子供1羽。母鳥の写真
16081615.jpg

トリミングしました。
16081616.png

雪倉岳の山頂が見えました。
160816177.jpg

振り返って朝日岳
16081618.jpg
見えにくいけど朝日岳の左のコルに朝日小屋が見えます。

コマクサも見る事ができました。
16081620.jpg

雪倉岳8:40
16081621.jpg
ガスの中なので標識のみ撮影。

雪倉岳を下って、白馬方面も雲の中。
16081622.jpg

振り返って雪倉岳
16081628.jpg
ガスが取れました。良い山だなあ。

鉱山道分岐の少し上でランチ休憩9:50-10:00

これから向かう三国境と右は旭岳
16081629.jpg

小蓮華山かなあ?白馬岳かなあ?
16081630.jpg
とにかく今日か明日、この稜線を歩くはず。

三国境10:40-50。県境マニアのUNさんによると本当の県境は
背面の小山の上との事。当然彼は県境を踏んでますが、
私は登山道だけで十分です。

白馬岳の山頂までガスがかからないように思っていたけど残念。
山頂はガスの中でした。11:30着。
16081631.jpg

歩きながら目指す山が見え、また歩いた山を振り返るのが縦走の楽しみ。
山頂でのガスはしょうがない、十分楽しめた山旅でした。

白馬山荘のスカイプラザで、UNさんと生ビール800円で祝杯。
満足感で2杯飲んでしまいました。祝杯をあげているとガスが切れ、
杓子岳と白馬鑓が見えました。最高のご褒美となりましたが、
カメラを持参せず写真はありません。

蓮華温泉へ続く。

蓮華温泉 2016年8月17日

見やすくすために逆に書きます。

宿泊した白馬山荘では、雨と風の音が聞こえてました。
台風7号の影響でしょう。今日は白馬岳から小蓮華山への
稜線の風が心配だけど、暴風雨圏ではないので大丈夫と信じ、
5:00の朝食でUNさんとお別れし、準備を整え5:40白馬山荘を出発。

雨と風は酷いけど、予想通り吹き飛ばされるほどではありません。
6:50小蓮華山到着、山頂から少し下った所で今回3回目の雷鳥に会いました。
今回はつがいでした。残念ながらカメラはザックの中、写真はありません。

白馬大池 8:00-8:10 喫茶室の入口は開いていたけど営業前。
セルフのインスタントコーヒー100円を頂き、雨をしのぎながら休憩。

10:20 蓮華温泉着、まずは野天湯の場所と雰囲気確認のため立ち寄り。
登山道から一番近い黄金湯
16081733.jpg

5分ほど上がると仙気の湯
16081734.jpg
ここが一番開放的。

更に数分上にある薬師の湯
16081735.jpg
2人ほどしか入れません。

とりあえず駐車場に戻り、着替えをしてから蓮華温泉ロッジへチェックイン。9,500円
アメニティはなく、旅館と山小屋の中間的な所だけどお風呂はとても魅力的。
内湯で3日間の汗を流し、生ビール700円。ここの内湯は食堂を通って行きます。
従って湯上りの生ビールの魅力には勝てません。

ほどなく雨が上がったので野天湯へ。三国一の湯は温いし小さいのでパス。
黄金湯、薬師の湯、仙気の湯の順に入りました。
仙気の湯からはようやく山並みが見え始め、雪倉岳と思ったら
正面の山は花園三角点あたりとの事。

翌朝、薬師の湯に入ったら、左奥に雪倉岳が見え、正面の花園三角点から
朝日岳の稜線が見えました。歩いた場所を見ながらの入浴は格別です。
特に花園三角点へ向かう登山道が見え、自己満足の極みになります。

駐車場へ戻る途中から。
16081837.jpg
左が雪倉岳、右が朝日岳。雲がかかって少し残念。

左が朝日岳、右が花園三角点。
16081838.jpg

朝一番のバスが7:50に着きます。1台でも対向車と交差したくないので
バスの到着を待って出発しました。おかげてほとんど交差せずに済みました。

帰りは寺泊で土産のカニを購入。ここで昔の職場の仲間のMI君とばったり会いました。
母親、奥さんと娘さんと家族旅行でした。入社してから25年間いた職場なので
一番思い入れがあります。懐かしく嬉しかったです。これも良い思い出となりました。

ここから燕三条系のラーメン屋へ。杭州飯店 チャーシューメン900円。
杭州飯店
背脂チャッチャ系だけど結構スープにコクがあります。
麵はかなり太い縮れ麵、玉ねぎがアクセントになってます。
かなり混んでますが、回転が速くすぐに食べる事ができました。

面倒になったので高速代は高いけど、安田ICから二本松まで乗ってしまいました。

おしまい。