お酒

カテゴリ:お酒 の記事一覧

ひやおろし 玉旭・鷹勇 2017年10月19日

10月になり、春先に醸造後火入れして貯蔵しそのまま出荷した「ひやおろし」が
美味しい季節になりました。こなれてまろやかな味わいが特徴です。

まず紹介するのは、玉旭・ひやおろし 2,808円(税込)
17101957.jpg
すすき、秋をイメージしたラベルです。

精米度55% 純米吟醸酒です。
17101958.jpg

八尾市の玉旭酒造
17101959.jpg
おわら風の盆で有名な八尾市のお酒

酸味が少なくまろやかな味わい。常温で飲むと甘味と旨味が
じんわり感じます。燗付けるとその甘味が前面に出てきます。
どちらかというと常温でそのまま味わった方が好みです。

続いて、鷹勇・ひやおろし2,592円(税込)
171019560.jpg
これも秋をイメージしたラベルです。

純米吟醸酒
17101961.jpg

鳥取県の大谷酒造
17101962.jpg

甘味、旨味、酸味のバランスが良い。逆にいえば特徴がない。
燗付けると甘味と旨味が出てきます。これは燗付けた方が美味しい酒です。

どちらも良くできた美味しいお酒ですが、飲み比べると好みが判ります。
私の好みでいえば、玉旭が良いです。じんわり甘味と旨味が出てくる方が
口の中で長く楽しめます。これぞ「ひやおろし」の日本酒かも知れません。
スポンサーサイト

花ノ文 会津娘 2017年9月5日

昨日まで飲んでいた、花ノ文・夏咲
17090543.jpg

冬の醸造した酒を寝かして夏酒としてリリース
17090544.jpg
50%精米:大吟醸 吟醸香はしますが旨味が勝ってます。
先日一緒に飲んだKBさんからの頂き物。
美味しく頂きました。ありがとうございました。


続いて、会津娘・純米酒 2,592円
17090545.jpg

純米酒 50%精米
17090547.jpg

名前の通り、会津若松のお酒
17090548.jpg

5月は燗酒で飲んだのですが、飯豊と尾瀬にこの酒の本醸造を
持って行ったところ、とても美味く評判も良かったです。
常温で飲むのが一番良いのが判ったので、改めて飲み直すことにしました。

常温だと吟醸のフルーティさが生き、平淡だった旨味が増すような気がします。
来週東京へ大相撲を見に行く予定なので、観戦中に飲む酒として購入しました。

鷹勇・涼 阿久根S型白麹 2017年7月26日

最近の週末は雨模様。先々週16日は蔵王に行ったけど
ガスと雨交じりのため引き返しました。先週は完全に競馬モード。
今週末も雨模様、ということでお酒の紹介です。
鷹勇 涼 2,700円(税込)
17072653.jpg
さわやかな渓流イメージのラベル
夏酒をイメージしていると思われます。

夏の純米酒 鳥取県の大谷酒造
17072655.jpg

17072656.jpg
酸味と雑味が少ないサッパリした味わい。
甘味と旨味はしっかり感じられます。
癖がなく夏に飲むには最適です。

続いて 阿久根 2,057円(税込)
17072657.jpg

焼芋焼酎で有名な黒瀬杜氏
17072658.jpg

この酒はS型白麹を使用しています。
17072659.jpg

17072660.jpg
新酒の無濾過を飲んだけど、これは一般酒。
甘味すっきり、逆にいえば芋臭さが少なく飲みやすい。
値段も安いし普段飲みとしては最適かも知れません。
尾込酒造のさつま寿と並んで気に入った酒となりました。
でも大石酒造も捨てがたいなあ。

今年の夏休みは飯豊山縦走を計画してます。10年前に
大日杉から大日岳往復をしましたが、今回は川入イン小国アウトの予定。
夏山に向けて、事前に1,000mのアップダウンか6時間の歩きを
するようにしてるのですが、最近の週末は雨模様のため
トレーニングが出来ません。芍薬甘草湯が手放せないかもしれません。

澤乃花 花ごころ:本醸造 ささら:辛口吟醸 2017年7月6日

今日もお酒の紹介。

まず、澤乃花 花ごころ 1,998円
17070613.jpg

ほぼ吟醸の本醸造
17070614.jpg

長野県佐久の伴野(ともの)酒造
17070615.jpg

続いて、澤乃花 ささら 2,268円
17070616.jpg

「+15」というのは日本酒度
17070617.jpg
日本酒度が高いと辛口になります。
かなり辛口、イコール飲みやすい。

花ごころと同じ伴野酒造のお酒です。
17070618.jpg

さて飲み口ですが、本醸造なので酸味が少なく、甘みと言うより旨味が強い。
辛口吟醸の方が飲みやすいです。日本酒に慣れてない人に勧めるには最適。

花ごころは燗すると甘味が多少出てきますが飲みやすさに変わりなく、
特徴がない感じ。安い(2,000円以下)こともあり普段の晩酌に最適と言えます。

ささらは吟醸なのでそのまま飲むのに良いでしょう。
どちらも1回火入れとのこと(酒屋さん)。
安くて美味しい、嬉しいお酒です。

さて明日から東京へ。美術展、落語、飲み歩きをしてきます。

玉旭・五臓六腑 若波・純米酒 2017年6月4日

先週5月28日は同僚のEMさんを土湯峠湿原と鬼面山の
案内予定でしたが、8時赤湯温泉好山荘で待ち合わせしました。
残念ながら小雨と強風のため中止しました。

本日6月4日も蔵王に行こうと思いましたが、風が強く北方面の
雲の様子が気に入らず中止しました。

連続中止のため、お酒の紹介をします。
玉旭 五臓六腑に染み渡る純米酒 2,268円(税込)
17060409.jpg
変わったラベルです。

富山県富山市の酒
17060410.jpg
酸味が強く、強烈な個性があります。
燗付けると旨味が増し、美味しく感じます。
酸味の強さが一番の特徴です。

続いて 若波 純米酒 2,700円(税込)
17060411.jpg

福岡県のお酒
17060412.jpg
ブログ用に試飲しました。
口に含むと軽い酸を感じますが、その後果実のような甘い香りがします。
全体的にはすっきりした味わいです。

来週は晴れますように!!