お酒

カテゴリ:お酒 の記事一覧

旭若松 金峰桜井 2018年1月28日

お酒の紹介

旭若松 純米酒 無濾過生原酒 3,450円(税込)
18012832.jpg
酒米の種類を限定した酒は500円ほど高くなるので、この酒を購入

徳島県の那賀酒造
18012833.jpg
小さな蔵で、家族で酒造りをしているそうです。

昨年3月の酒
18012834.jpg
アルコール度が20度、結構高いです。

この酒は、南福島の燗酒ノ城でよく飲んでいます。
しっかりしたお酒、酸味も感じますが燗付けるとバランスが良くなります。
寒いので燗付けようと思い購入しました。

金峰桜井 2,376円(税込)
18012835.jpg

昨年8月の酒
18012836.jpg

南さつま市の酒
18012837.jpg
薩摩半島の東シナ海側にあります。

芋の香りが楽しめ、程よい甘さのまろやかな酒。

先週は、家と会社で雪かきばっかり。
特に23日火曜の南岸低気圧による積雪は雪が重くかなり腰にきました。
まだ山歩きの雰囲気ではなく、週末は競馬しか遊べません。
スポンサーサイト

磐城壽・季づくり 竹葉・純米 2018年1月15日

お酒の紹介

磐城壽 季づくり 2,057円(税込)
18011515.jpg
今年も購入しました。変わらない美味しさ。
でも燗酒を飲んでるせいか、ジュースっぽさが気になるようになってきました。

18011516.jpg
おそらく本醸造。
中屋の息子さんが修業中らしい。中屋へ寄った時、酒粕をたっぷり頂きました。
甘酒、粕汁で使いたいと思います。

竹葉(ちくは) 能登純米酒
18011517.jpg
仕事でお世話になっているKBさんからの頂き物。

石川県のお酒
18011518.jpg

55%精米 吟醸酒です。
18011519.jpg

バランスが良いお酒、吟醸香がします。
逆にいえば特徴がない。燗付けると良いかもしれません。

繁枡・特別純米 生々 2017年12月17日

先週勿来へ行ったときに購入したお酒
繁枡 特別純米 生酒 2,257円(税込)
17121775.jpg

60%精米
17121776.jpg

福岡県八女市のお酒
17121777.jpg

購入した酒屋の説明書
17121778.jpg

口に含むと生酒らしいフルーティさを感じますが
それほどしつこくありません。
甘味と酸味が抑えられ旨味が強めに出ています。
店の評にあるように「穏やか」の表現が適確だと思います。

今夜は塩辛をアテにこの酒を飲みます。

玉旭ECHOES 2017年11月29日

磐城壽の季づくりを買いに酒屋へ行ったけど、玉旭の新酒がありました。
ひやおろしが美味しかったので購入しました。
玉旭ECHOES 2,808円(税込)
17112953.jpg
チューリップの花から採取した酵母を使用したため、
富山のチューリップをイメージしたラベルだそうです。

精米60%の純米吟醸
17112954.jpg
本仕込み前の酒母の状態で搾ったため、アルコール度が12%と低くなってます。

肝心の味ですが、「甘味・旨味・酸味」のバランスは取れていますが
これは日本酒の味わいではなく、酸味が強いためまるで白ワイン。
ブドウの香りがないけどまさに白ワインを飲んでいるみたいです。
日本酒のイメージを壊すようなお酒でした。

今週末は東京へ行きます。
12/1は浅草演芸ホールで春風亭昇太の落語
12/2は西洋美術館の北斎とジャポニズム、東京都美術館のゴッホ展
12/3は高尾山ハイキング
これに会社の同期や以前の職場の先輩との飲み会を予定してます。


泉川ふな口 2017年11月18日

今週末は天気がイマイチ、福島競馬も最終週なので競馬ライブを楽しみます。
そのため今回はお酒の紹介。新酒が出始めました。29BYになります。
11月10日に酒屋へ行ったのですが、泉川と壽がありました。
とりあえずすぐ売り切れると思われる泉川を購入しました。

泉川 純米吟醸 ふな口本生 3,024円(税込)
17111844.jpg
もろみ状態のお酒を搾るときに使用する槽(ふね)というのですが
ここから搾られたままの酒を「ふな口」と名付けられたようです。
従って搾ったままの生酒、最初に出荷されます。

55%精米
17111845.jpg

会津坂下の廣木酒造
17111846.jpg
飛露喜が有名ですが県外向けブランド、県内向けは泉川で販売してます。
大学卒業後に地元に戻った若い酒造元へアドバイスしているそうです。

うす濁りのフレッシュなお酒、軽くてとてもフルーティです。
美味しいですが、まるでジュースみたい。とりあえず新酒は何本か飲まないとね。