お酒

カテゴリ:お酒 の記事一覧

鷹勇・強力 みやこざくら・金時 2017年4月11日

今回もお酒の紹介。

まず、鷹勇の強力純米酒 2,700円(税込)
17041129.jpg

純米酒 70%精米
17041130.jpg

酒好適の強力米を使用
17041131.jpg
鳥取の大谷酒造

28年12月製造
17041132.jpg
H27年度の米を使用しているので、約1年熟成。

この酒は完全に燗酒用のお酒です。
まず酸味を強く感じますが、あまりくどくなくさっぱり。
1年熟成らしくコクを感じます。また70%精米のため米の旨みがしっかり。
燗付ける事でこの旨みが増すので、とても美味いです。

続いて紹介するのは、芋焼酎 みやこざくら 2,480円(税込)
17041133.jpg
華やかな桜の時期に飲むには最適な焼酎。
酒もほんのり桜色。

金時芋使用の限定酒
17041134.jpg

都城の大浦酒造
17041135.jpg

小さな蔵で手造りしているそうです。
17041136.jpg

この焼酎は甘みが強い。湯7:酒3で割っても甘さが残ります。
味は甘く華やかなだけで、やや特徴に欠けます。
焼酎に慣れてない人にお勧めかも知れません。
スポンサーサイト

繁枡・蔵初しぼり 五島灘・新酒 2017年3月25日

2017/03/25(土) 20:39:31 お酒 THEME:日記 (ジャンル : 日記 EDIT
今回もお酒の紹介。

繁枡 純米新酒 蔵初しぼり 2,257円(税込)
17032547.jpg

60%精米
17032548.jpg
2017年3月の新酒?
新酒が11月から出始める速醸酛に対し、3月に蔵初しぼり。

福岡県八女市の高橋商店
17032549.jpg

購入した酒屋の説明書
17032550.jpg
なるほど時間がかかるね。
火入れしているので常温保管できます。

味は純米酒らしく酸味が強い。火入れしているのでフルーティさは控えめ。
そのまま飲んでも旨味は感じますが、燗付けすると更に旨味が増し
とても美味しいお酒です。2,000円強で飲めるCPの良い日本酒でした。

続いて紹介するのは、五島灘・新酒 2,521円(税込)
17032551.jpg

17032552.jpg

前回飲んだ五島灘・無濾過の紹介はこれをクリック

無濾過はすっきりしているのに対し、新酒は甘味が際立っています。
どちらかと言えば私はこの新酒の方が好みです。

大俵引き 阿久根 2017年3月13日

3月12日は久しぶりに小鳥の森を1時間強の散歩。
いつものEMさんを案内しました。その後は競馬。
土曜は風が強かったこともあり、連続して競馬となりました。

少し前になりますが、職場の麻雀仲間の一人が退職するので
2月24日麻雀をしました。その際、大四喜字一色のトリプルを上がりました。
混一の満貫狙いでしたが、対子の白が出ないうちに他の風が貯まっていき、
東と南を鳴いた後に西を鳴いてテンパイし、北をツモ上がり。
小四喜も字一色も上がった覚えはありますが、トリプル役満は初めてでした。

さて今回もお酒の紹介。

大俵引き 2,484円(税込)
17031332.jpg
天明の曙酒造 初しぼり

おりがらみ
17031333.jpg

酒が出来たときのままのお酒
17031334.jpg
大俵引きは、1月中旬に会津坂下と会津美里で行われる祭り

新酒らしいフレッシュで飲みやすいお酒。

続いて、芋焼酎 阿久根 2,392円(税込)
17031335.jpg
無濾過の新酒

17031336.jpg

17031337.jpg

芋独特の甘味が特徴。
お湯わりするとユラユラ混じっていきます。
湯7:酒3に割っても甘味が残るお酒です。
試しにロックで飲んだら無濾過の荒々しさだけが残り
甘さを感じられませんでした。

明日14日は大西順子ライブ、去年も行ったけど素晴らしい。
CDにサインももらえるので購入するかも知れません。

がんこ焼酎屋 澤の花・花ごころ 2017年2月15日

今回もお酒の紹介。

最初に紹介するのは「がんこ焼酎屋」2,822円(税込)
17021484.jpg

ジョイホワイトを使用
170214485.jpg
フルーティで雑味の少ない焼酎になります。
当然甘味が強いのでお湯割りが美味い。

阿久根市の大石酒造のお酒です。
17021486.jpg

「がんこ焼酎屋」とは大石社長兼杜氏が自分の事を評していると
思いますが、とても人当たりや良く気さくな人柄の方でした。

大石酒造とは思えない(個性的ではない)とても飲みやすいお酒でした。

続いて紹介するのは、澤の花・花ごころ1,998円(税込)
17021487.jpg

本醸造ですが、65%も精米してます。
17021488.jpg
値段も安く、普段飲みに最適。

長野県佐久市の伴野(ともの)酒造のお酒です。
17021489.jpg

ここのお酒はとてもコストパフォーマンスが良い。
燗で飲んだことがなかったので、燗で飲むために普通酒を買いました。

常温で飲むと雑味が少なくすっきりした味わい。
燗付けると甘味が増すが、酸味が少ないので甘味だけが際立ちます。
酸味が強い古酒も良いけど、こんなさっぱりした酒も美味しいと思います。
何といっても2,000円以下で飲めるなんて満足感の高いお酒です。

玉旭うすにごり 燗たぬき

1月は積雪がひどかった。従って週末は雪かきと競馬三昧でした。
でも先週土曜は映画「知事抹殺」の真実を見て佐藤栄佐久氏の来場。
映画は裁判をメインに彼の体験を彼の立場で映像にしていました。
前前県知事は全ての権力を失っただけでなく、退職金の返納を要求され裁判中。
以前の上司を平気で訴える事のできる役人の恥知らずさを感じています。

さて、今日もお酒の紹介。
玉旭うすにごり 2,592円(税込)
17013179.jpg

純米の生酒
17013180.jpg

富山県八尾町のお酒です。
17013181.jpg
八尾といえば、おわら風の盆で有名です。ぜひ見に行きたいです。

酒はフルーティさが少なく、いかにも日本酒といった趣き。
根本酒店で購入時に、生酒だけど燗はどうか尋ねた所、お勧めとのこと。
燗で飲むことにしました。

燗の道具、燗たぬき。
17013182.jpg
たぬきのデザイン、可愛らしいです。
左の瓶にお湯を入れ、右の瓶に入れた酒を燗付けます。
130ccしか入らないので1回分にちょうど良い。

日本酒は、甘みと旨味と酸味のバランスを感じます。
このバランスの好みを人それぞれが感じれば良いと思います。

燗をすると甘みが強くなります。酸味は変わらないが苦味が減り
甘みが強くなるので酸味が弱まります。従って酸味が強めの酒が燗に合います。
つまり純米酒が燗に合うことになります。
この酒は生酒、フルーティさを前面に出した酒は燗酒には合わないのですが、
甘味旨味酸味の変化を感じさせるこのような日本酒は燗酒が合います。

2/5(日)は「福島県産酒を楽しむ夕べ」の予定。へべれけになりそうな予感。