山歩き

カテゴリ:山歩き の記事一覧

大滝根山 入水鍾乳洞 2017年11月5日

11月3日から福島競馬開催、やはり目の前で馬が走るのは楽しい。
3日は天気も良く、馬券もそこそこ当たり楽しめました。
4日は会社の同僚宅でBBQ、飛露喜や而今など酒とまるぎんの刺身など、
美味しく頂きました。

さて5日はEMさんと久しぶりの山歩き。まだ歩いてない大滝根山へ。
星の村ふれあい館を過ぎ、廃墟になったあぶくま高原ホテルの駐車場
8:10出発
17110497.jpg

こちらを進みます。
17110498.jpg

沢沿いの道を歩きます。
17110499.jpg
沢の水の音が楽しい。

賽の河原、地蔵様
17110501.jpg
ここを右に、日山権現方面へ

かなりの急登です。火山権現の説明
17110502.jpg

仙台平からの登山口に合流
17110503.jpg
振り返って撮影、左が仙台平方面の下り、右が登ってきた登山道
ここからはなだらかな尾根道。

刈り払いされた送電線の下で展望が開けました。
17110504.jpg
風力発電のプロペラ塔

山頂の大嶽根山峯霊神社9:30
17110505.jpg

山頂は自衛隊の駐屯地
17110506.jpg

梵天岩
17110507.jpg

梵天岩の上からはレーダー塔が望めました。
17110508.jpg

下山は霧島権現経由のつもりですが道が見当たりません。
神社から自衛隊敷地の網に沿った場所に案内が倒れてました。
9:40下山開始

下山道も結構急です。
17110509.jpg
ロープを使う場所もあります。

御沢子育地蔵尊
17110510.jpg
ここからは緩くなり、沢を渡渉しながら下山します。
10:30下山、2時間20分でした。コーヒーを飲むタイミングを逸したので
車を置いた廃墟のあたりでコーヒー。

EMさんとはここでお別れ、私は入水(いりみず)鍾乳洞へ
17110511.jpg
ここはワイルドな鍾乳洞として有名、地下水が流れる中をびしょ濡れになり進みます。
ヘルメット(自転車用)、ヘッドランプ、Tシャツ短パン、山用サンダルを持参。
Bコース700円を払って更衣室で着替えます。カメラはZIPLOCに入れます。
着替えた後説明を受けます。
まず水は冷たく足が痺れます。5分くらいすると慣れてくるとの事。
胎内くぐりは頭から突っ込むこと、足から入ると抜けなくなるとの事。
第二胎内くぐりは四つん這いとなる、約6m這います。

入口
17110512.jpg

こんな感じで進んでいきます。
17110513.jpg

Aコースはこんな場所もあります。
17110514.jpg

Aコース終点、Bコースはここから始まります。
17110515.jpg

水の中を進み、胎内くぐり、第二胎内くぐりも無事通過
Bコース終点
17110516.jpg

終点のカボチャ岩
17110517.jpg

帰路は同じ道を戻るので緊張感はありません。
出口には「喜びの窓」と書かれてました。
17110518.jpg

短パンと下着はびしょ濡れ、ヘルメットはあちこちぶつけ
傷がついてました。ヘルメット持参して良かったです。

星の村ふれあい館のお風呂400円が、Bコースを行くと200円引きの200円。
芯から温まりました。

おしまい。
スポンサーサイト

安達太良 沼尻 2017年10月8日

先週は東京へ行ったので今年の紅葉に出遅れました。
今日は待望の晴れ、同僚のEMさんに近場の紅葉を案内したくて、
昨年に続き今年も沼尻周回コースにしました。

田村屋旅館の先からダート道を上がるのですが、だんだんデコボコが
大きくなってきて車で走りにくくなってきました。
昨年は駐車場でトレラン帰りの同僚のKB君と会いましたが
今年は高校と大学の同級生KT君とばったり会いました。
今年から山歩きを始めたらしく、安達太良は4回目との事。
山仲間が増えて嬉しい、今日は一緒に歩くことにしました。

7:30駐車場出発、ほどなく白糸の滝。
17100877.jpg

いつものように硫黄採掘場跡へ
17100878.jpg

沼の平への廃道分岐8:30、最初の休憩します。
ここから胎内岩まで30分ほどの登り。このコースで急な登りはここだけ。
このあたりの紅葉がちょうど良い雰囲気。
17100879.jpg

胎内岩
17100881.jpg
左側に身を寄せると簡単に抜けられます。
胎内岩手前の岩場の方がザックが当たって振られるので危ないです。

胎内岩を抜け、登ってきた登山道を振り返ります。
17100882.jpg

景色のよい稜線にでました。9:30ここでコーヒータイム
箕輪山
17100883.jpg

鉄山避難小屋から鉄山へ
17100884.jpg

鉄山から安達太良(乳首)へつながる稜線
17100885.jpg

安達太良から船明神へつながる稜線
17100886.jpg

鉄山を越え、下った所から見るくろがね小屋と紅葉
17100887.jpg
鉄山南斜面は黄葉が多く、きれいです。

沼の平
17100888.jpg
乳首は人が多いだけなのでパス、ここから船明神へ向かいます。

紅葉が随分下がってきています。
17100889.jpg

左奥は和尚山
17100891.jpg

ここの紅葉も素晴らしい。
17100892.jpg

ここも。
17100894.jpg

鉄山避難小屋から鉄山への稜線
17100895.jpg

硫黄採掘場への分岐から船明神方面
17100897.jpg
紅葉が標高1,000mあたりまで下がってきました。

12:40駐車場戻り。
KT君の山登りは自宅でシャワーを浴びビールで完結。
ここでKT君と別れ、EMさんと中ノ沢温泉の花見屋へ。
500円、クーポン券で100円引きの400円。

心地良い疲れ、やはり山歩きは楽しいです。

箕輪山 2017年9月24日

今週末で晴れるのは9月24日日曜日。
いつものように同僚のEMさんと山歩き。箕輪、東吾妻、不動沢から五色沼の
候補のうちから希望を聞き箕輪山に決めました。登山道は悪路だけど
本人の希望なので我慢してもらいましょう。

2年前に歩いた時、マウント磐梯の露天湯が入れなかったので
スタートを遅らせ7:50駐車場を出発。
廃墟の先にある横向登山口(上)から登ります。
旧土湯峠に近付きました。
17092421.jpg
写真では良く判りませんが、紅葉し始めています。

エゾリンドウ
17092422.jpg

9:00鬼面山 福島市街
17092424.jpg
信夫山が中心の町並み

右は高山、左は東吾妻
17092425.jpg

箕輪山
17092428.jpg
紅葉が始まっています、悪路は辛いけど楽しみ。

磐梯山
17092429.jpg
先ほどまで雲がかかってましたが、顔をだしてくれました。

箕輪山と鬼面山の鞍部の紅葉
17092430.jpg

悪路を上がりながら振り返ると鬼面山が同じ高さに見えます。
17092431.jpg
この写真を撮ったあたりの登山道が特に酷いです。

今日一番の紅葉
17092432.jpg

10:10箕輪山、安達太良方面
17092435.jpg
紅葉し始め、写真では判りにくいですが中々の景色です。
風が強くないのでここでコーヒータイム。

10:30下山開始、下山方向の紅葉もまあまあ
17092436.jpg

エゾリンドウがあちこちで咲いてました。
17092437.jpg
10:50駐車場へ戻りました。
結局転んだのは1回だけでしたが、滑ったのは2回ほど。
やはり気が抜けない登山道です。

マウント磐梯の日帰り湯、男用露天風呂はちょうど湯が溜まったところ。
最初のお湯に入りました。
いつも思うのですが、単に温泉に入るのではなく、山歩きの汗を流すという
オプションを追加することでお風呂の価値が上がるような気がします。

栗駒山 2017年9月16日

この3連休は台風18号が通過、競馬のみも寂しいので
天気が持ちそうな16日土曜日は3年ぶりに栗駒山へ
紅葉の進み具合を確認に行きました。

出来るだけ早い方が良いので、4時に起きて牛丼屋で朝食、
国見から高速に乗り築館で降り、いわかがみ平へ。
駐車場から、栗駒山は雲に隠れそうだけど見えます。
17091600.jpg
右の山はこれから向かう東栗駒山

雲海の上にでました。
17091601.jpg

いわかがみ平7:20出発
東栗駒コースは、最初は水たまりが多く、避けながら登ります。
30分ほど歩くとナメ滝に出ます。
17091602.jpg

一度渡渉し、すぐ戻ります。
17091603.jpg
更にこの写真の上で右に渡ります。

東栗駒山に近づくとガスがかかり始めました。
17091605.jpg

栗駒山の斜面
17091607.jpg
草紅葉が美しい。

17091609.jpg

9:10山頂、2時間弱で着きました。
17091610.jpg
残念ながらガスの中。

お湯を沸かしコーヒーを飲んで9:30出発
徐々にガスが切れ始め、下山方向の斜面
17091612.jpg

アリさんとウメバチソウ
17091613.jpg
晩秋の花ですね。

ウメバチソウの群生
17091614.jpg

紅葉のピークまであと1週間かな。
17091615.jpg

振り返って栗駒山山頂
17091616.jpg

登りに使った東栗駒山
17091617.jpg

レストハウス前のナナカマド
17091618.jpg
この紅葉は2週後かな。
10:30下山しました。3時間強のお散歩。

今日のお風呂は駒の湯400円
17091619.jpg

風呂の入口
17091620.jpg

湯温は38度くらい、温いですが硫黄の匂いがする透明な湯です。
湯船には3人くらいしか入れません。4人目になったので私が出ました。
それでも30分ほど入浴できました。

食堂には温泉フリークが2名おり温泉の話をしながら
もり蕎麦600円を待ちました。食べているとアイスコーヒーを
サービスしてもらいました。

帰りはガソリンが安い白石で高速を降りガソリン補給。
14:30帰宅しました。

猫魔ヶ岳 2017年9月10日

9日の飲み会は早めに切り上げ、10日は同僚のEMさんと山歩き。
7時四季の里集合し、雄子沢(おしざわ)駐車場へ私の車を置き、八方台へ。
7:45八方台駐車場の先へ駐車、このスペースも半分埋まってました。
帰ったら路上にも車が駐車してました。

8:00八方台駐車場、登山口はトイレの逆側
17091052.jpg

ブナ林の中をなだらかに登って行きます。
17091053.jpg
あまりに登山道がなだらかなので歩きがいがないくらい。

スキー場の上に出ると猪苗代湖が見えました。
17091054.jpg

9:00猫魔ヶ岳に着きました。
17091056.jpg

逆光ですが磐梯山
17091057.jpg

吾妻連峰
17091058.jpg
西大巓と西吾妻だけが雲の中

猪苗代湖
17091059.jpg

アゲハ蝶も休憩中
17091060.jpg
水飲み休憩5分ほど、猫石に向かいます。

猫石9:20
17091061.jpg

雄国沼
17091062.jpg
沼の左奥の湿原にニッコウキスゲが咲きます。

雄国山
17091063.jpg
おそらく右のなだらかな山だと思います。

ここでお湯を沸かしコーヒータイム、9:40出発

こちらもブナの林が美しい
17091064.jpg

沼に近づいたらトリカブトが咲いてました。
17091065.jpg

排水溝から対岸の湿地帯方向
17091066.jpg

振り返って猫石方向
17091067.jpg

休憩舎10:40着、腹が張っていたのでトイレに間に合いました。
雄国沼は50年前の猫魔ヶ岳の山体崩壊によって出来たとの事
17091068.jpg

猫石は化け猫伝説があるそうです。
17091069.jpg

10:50休憩舎発、11:35雄子沢へ着きました。
私の車で八方台へ。路上駐車で凄いことになってました。

今日のお昼は「そばさだ」
17091070.jpg

天ぷらそば900円+大盛200円
17091071.jpg
天ぷらは野菜5種、子鉢3個が嬉しいです。ずいぶん値段が安いイメージ。
ソバは硬め、少し切れており短めになっていましたが美味かったです。
汁はもっと辛い(塩辛い)のが好みなので少し残念。

今日のお風呂は押立(おったて)温泉・住吉館
800円をクーポン券で100円引き。
ここの混浴露天風呂が気持ち良い。お風呂からサンダル履きで
板塀の通路を裏山へ行きます。歩けばすぐですが、緑の中にお風呂があります。
温めの単純泉ですが、山の中のお風呂といった趣きです。
紅葉の季節は更に素晴らしいと思われます。

山歩きに続き美味い物を食べお風呂で汗を流す、とても楽しい休日でした。