日記

カテゴリ:日記 の記事一覧

山中千尋コンサート・木盃 2018年2月11日

昨日は山中千尋さんのコンサート、福島テルサで行われました。
チケット 4,200円
18021044.jpg
400人くらい入ってましたが、高年齢の方が多かったです。
オリジナル2曲の後に「テイク・ファイブ」「サマー・タイム(Vo.なし)」、
その他、リストの「愛の夢」(クラシック)など、ジャズを聴きなれてない人にも
判るような曲が中心でした。アンコールの最後はいつもの八木節。

コンサート自体は素晴らしかったのですが、2点気になりました。
1、市の振興公社主催ならもっと安くして(学生2,000円くらい)、
  素晴らしい演奏を若い人に聴いてもらいたい。
2、ステージ正面の一番手前の数列に招待席を設置していました。
  全席自由なはず、人を差別することに違和感を感じない役人意識。

コンサートは17時15分ごろまで行われ、会社の同僚KN君と飲みに行きました。
酒助

お通しが、鴨肉スライス、ポテトサラダ、コロッケ、結構量が多いです。
この店の焼き鳥は大きく普通の3,4倍くらい。
3本づつ食べたらもう満腹。大根サラダ、ビール各1盃、鳳凰美田、三連星をシェアし2人で4,720円。
安くて満足ですが一品の量が多いので一人で行くときは注意が必要です。

この店でカウンターで隣になった60代後半の2人の方もコンサート帰り。
酒のウンチクを話し合えて楽しかったのです、お一人は白河の方。
登龍(とりゅう)という酒が美味しいとの情報、そのうち飲んでみたいです。
登龍
きしなみ酒店で売っているみたいです。


ここでスコッチの話になり、アイラのシングルモルトを飲みに行きました。
Lien(リアン)

アイラ島のアードベックten、アードベックの変わった酒、
スペイサイドのマッカラン12年と???(忘れた)を飲んで2人で5,600円
ここも安くて良い店です。

電車で南福島へ、いつものように燗酒ノ城で途中下車。
越後屋のご主人と隣り合わせ、色んな酒の話ができました。
退職後はここで酒の話をしながら購入することになりそうです。

さて今日2月11日は競馬の帰りに、アンナガーデン近くの楓舎へ。
コーヒー500円を頂き、「酒のうつわ」を眺めていたら平盃が欲しくなりました。

購入したのは木盃 5,500円
18021138.jpg

18021139.jpg

18021140.jpg

木盃なのでとても軽く、割れることはありません。
従って一生物になるので、思い切って購入しました。

作者は冨樫孝男さん
18021141.jpg

「会津屋」からの情報から引用します。
まるで金属のようなシルバーと黒のグラデーション、会津の塗師 冨樫孝男さんの作品です。
四分一塗(しぶいちぬり)という技法で仕上げています。
四分一とは銀と銅の合金のことを言い、銀の比率が四分の一であることから名付けられました。
その四分一の風合いを漆で表現したものが本作品で、錫粉と炭粉を用いて微妙な濃淡やグラデーションを表現しています。

黒いのが炭で白っぽいのが錫、丈夫なので色落ちしにくいとの事。
今夜も燗酒を楽しみます。
スポンサーサイト

高校野球 秋季東北大会 2017年10月14日15日

今週末の天気はイマイチ、競馬三昧になるかと思っていたのですが
職場の同僚が高校野球の話をしてくれました。
各県3校づつ選抜され、この中から3校が春の選抜へいきます。
優勝候補は、予選を楽勝で勝ち抜いた仙台育英と聖光学院。
どちらも投手が安定しているだけでなく、打力が凄いらしい。

朝食はまだ行っていなかった伊藤商店 7:00開店
17101453.jpg

朝ラーメン500円を頂きました。
17101452.jpg
塩ラーメン、やさしい味、美味しかったです。
朝7:00-10:00の間だけ、朝ラーを提供してます。

まず大駐車場へ車を置き、県営あずま球場へ。
観戦料500円
18101454.jpg

バックネット裏の上段へ
17101455.jpg
全体が見渡せ、選手の動きが判りやすい。
難点は選手の表情が見えないことやストライク/ボールのコースが
見えにくいくらい。全体が見えることで打球の勢いや方向が判るので
ファインプレーが良く判ります。

プログラム300円
17101456.jpg
組合せ表、選手の身長体重出身などの情報、予選結果などが載っています。

第一試合は由利工業―弘前東。接戦でしたが9回表に由利工業が
満塁から3塁打逆転で5-4で勝利。接戦で面白かったです。

第二試合は角館―花巻東、花巻東の守備が安定しており
5-2で花巻東の勝利、さすが伝統高といった試合でした。

第三試合は日大山形―仙台育英、なんと満塁押し出し四球で
1-0日大山形がジャイアントキリング、とても楽しかったです。
山形日大の投手の球が手元で伸びるみたいで、仙台育英は大飛球ばかり、
選手の打力が空回り、上がり過ぎるので外野手が球に追いついてました。

今回は高校・大学の友人SK君を誘いました。彼は我が母校の野球部出身なので
デッドボール後の投球練習は禁止など、小ネタを色々教えてもらいました。

夜はSK君と南福島で飲みにいきました。
燗酒ノ城でワイン2杯は別々に、英吟醸酒(森喜酒造)、秋鹿山廃、凱陣を燗でシェア。
へしこ、おぼろ豆腐、イワシ刺身、アン肝を頂き、一人3,000円。
美味しい肴と酒、楽しみました。

2軒目は瓢へ。3点盛り、油揚げ焼き、もつ煮込みを食べ、焼酎ボトル、
2人で5,000円でした。ここは安い、今日は8時で飲み会終了。

翌15日も野球観戦
第一試合は能代松陽―黒沢尻工業、能代工業の投手は左腕で
130kmをコンスタントに出し、切れる変化球でタイミングを外します。
7-0で8回コールド、かなり力の差を感じました。

第二試合は利府―聖光学院、聖光の投手が速球が速く力があり
なんといっても打力が凄い、3回で12-0、結果が見えたので帰りました。

17日は能代松陽―聖光学院です。能代の投手は簡単に打てなさそう。
平日で見に行けませんが緊迫した試合が見られるような気がします。
もう一つの試合は花巻東―日大山形、勢いに乗った日大山形が怖いです。

大相撲秋場所3日目 2017年9月12日

初めての大相撲観戦。甥が先行予約で枡席Bを入手。
母、妹、甥、私の4人で両国国技館へ行きました。

まず美登利寿司銀座店へ、10:25に着いたら平日なのに20人待ち。
11:00に入店し、久しぶりに美味しいお寿司を堪能しました。
大名美登利巻2,000円と鯖の棒寿司1,000円をお土産にして
相撲観戦しながら食べる事にしました。
母をここに連れてきたのは森光子の放浪記鑑賞以来かな。
妹は梅丘本店以来、どちらも20年ぶりくらい。

12:00店を出て両国へ。まず国技館入口
17091272.jpg

国技館へ入ると天皇賜杯が展示されてます。
17091273.jpg

とりあえず予約した枡席へ。
17091274.jpg
三段目の取組中、結構近い。

全体の雰囲気
17091275.jpg
まだ観客は少ない

荷物(寿司や酒)を置き、場内を歩きまわります。
国技館の南側(駅側)を入場する力士を近くで見れます。
17091276.jpg
栃煌山、顔がでかい。声をかけるには最適の場所です。
横綱大関は車で入るとの事。気分が盛り上がります。

地下の大広間で「ちゃんこ」を食べる事が出来ます。300円
17091277.jpg
高田川部屋の塩ちゃんこ、つみれと油揚げが美味い。

席に戻り相撲観戦、今回の取組表とチケット
17091279.jpg
向正面9列目、27番が端になり西側の入場門の上でした。

十両の土俵入りが始まりました。
17091281.jpg

戻ってくる十両力士
17091283.jpg
後ろから2番目が安美錦
幕下までの仕切りは無し、すぐに立会いますが、
十両になるとの仕切りは1回行い、2回目には立会です。

仲入り力士の入場
17091284.jpg

17091285.jpg

横綱土俵入りから戻る日馬富士
17091287.jpg

仲入り後の取組が始まりました。
17091290.jpg
安美錦ガンバレ!
塩を取りに来た時、真正面の場所。
こちらへ戻ってくるのも含め西側力士を応援したくなります。

NHKの向正面の解説者
17091291.jpg
誰かな?舞の海じゃないのは確か。

幕内力士の休場が3人、更に今日は宇良と高安が不戦敗。
時間が余っているため、仕切り回数が多くなっています。
間が開いてちょっと緊張感が途切れます。

貴景勝
17091293.jpg
21歳、175cmしかないけどガンバレ!

玉鷲と阿武咲の対戦
17091294.jpg
阿武咲が勝ちました。

力水をつけた後、戻ってくる阿武咲
17091295.jpg

嘉風と豪栄道の立ち会い
18091296.jpg

照ノ富士と栃ノ心の立ち会い
17091297.jpg
力相撲になりました。これが相撲の醍醐味です。

結びの一番、日馬富士
17091298.jpg

琴奨菊と日馬富士の立ち会い
17091299.jpg
琴奨菊が手を着かず、立ち会い不十分と思った日馬富士が
力を抜いたところを琴奨菊が押し出して終わり。
相撲観戦は力相撲を見たいのであって、力を出し切れない
このような立ち会いや、立ち会い直後のハタキは面白くありません。

でも初めての相撲観戦、休場力士が多くても十分楽しめました。

じおから 2017年9月7日

月舘といえば陸の孤島、霊山と川俣の間にある集落です。
高校時代にバスで通っていた同級生がおり、1日2便しかなく、
部活へ入ることができないと言っていたのを覚えています。

この月舘の仕出し屋さんのイカの塩辛が美味いという評判。
先週一緒に飲んだKBさんが、7日に発売する情報を知り、
購入してくれました。
じおから500円
17090749.jpg
まるぎんさんでは「じおから」という名称

器に移しました。
17090750.jpg
日本酒のつまみとして食べました。

更にご飯のお供
17090751.jpg

イカの身しか入っていません。剣先やゲソは入っていません。
そのイカが長い、ということは身がかなり太いはず。
ワタがたっぷり、水分が少なく塩辛くありません。

良いイカが入手出来たときだけ、今回は20個限定、
従って20分で売り切れたとの事です。
わざわざ購入してくれたKBさん、ありがとうございました。

9月8日金曜は会社の同僚と麻雀-1,500円、場所代、夕食。
この日、同僚の奥さんが保原の養鶏場の出身ということで
生みたて卵を購入、翌9日の朝食はTKG(卵かけご飯)。
これも美味しい、当分楽しい朝食が続きます。

競馬の後は、中学の同級生8人の飲み会。
女性が多いので盛り付けがきれいな中華にしました。
パセナカmisseの陸のコース2,800円。
冷菜がおしゃれ、和食の先付け風に提供してくれます。
続いて酸味のある湯(タン):スープの事
プリプリの海老チリソース、鶏の炒め物
味付けは四川風だけどきつくなく和食テーストです。
ここまでは個別の皿で提供してもらい、五目おこげは4人づつ。
これもあっさり塩味でした。
最後に麻婆豆腐とご飯、4人づつ甘めと辛めに別けて提供して
もらいました。甘めといっても唐辛子が入っていて普通に辛い。
辛めは花椒たっぷり、しっかり麻を感じます。痺れるような感じ。
花椒は中国から取り寄せているとの事。
デザートは桃のジュレが載った杏仁豆腐。
料理はとても美味しかったです。
お酒は値段が高め、酒を控えて料理を楽しみましょう。

翌10日は山へ行きました。次の記事に続きます。

京都土産 2016年11月23日

今回の京都旅行で購入した物を紹介します。

相国寺の美術館で購入した手ぬぐい800円
16112325.jpg
上下に丸棒を巻き、壁に飾ってみました。

説明書
16112326.jpg
若冲が既存の中国の絵を模写したとの事。

松野家のお香972円とつまみ香立378円
16112327.jpg
烏丸を北上する時に開いていたお香のお店、松栄堂。

おそ松さん(漫画)とのコラボらしい
16112328.jpg
抹茶の香が心地良いです。

ほうじ茶1,080円
16112329.jpg
二条寺町の一保堂で購入。とても美味しくお気に入りです。