福島の山

カテゴリ:福島の山 の記事一覧

口太山 2017年12月24日

久しぶりの山歩き、午後は有馬記念なので近場にしました。
いつもの同僚EMさんと川俣道の駅向かいのセブンイレブンで合流。

大綱木地区の案内に沿って口太山登山口の駐車場へ。
7:40駐車場を出発。ほどなく口太山が見えました。
17122480.jpg

5分ほどで登山口へ
17122481.jpg

案内図
17122482.jpg
石尊神社コースは急坂とのこと、急坂は下りより登りの方が楽。

右の石尊神社コースを登ります。
17122483.jpg

頂上直下の石尊神社
17122484.jpg

山頂はすぐ上にでした。8:30-40
17122485.jpg

安達太良山系
17122486.jpg

吾妻山系
17122487.jpg

山頂で会津坂下の同年代の男性と会話。
今日は日山、鎌倉岳と三山巡る予定とのこと。
お互い、この山では誰もいないと思っていたことが判明。

猿の首取りコースを下山
17122488.jpg

猪が暴れた跡
17122489.jpg
猪には会いたくありません。もちろん熊にも絶対会いたくありません。

猿滑りの滝
17122490.jpg

滝の正面から
17122491.jpg
凍ってましたが、中々素晴らしい滝です。

9:30駐車場戻り。山頂でご一緒した男性の方が早く下山してました。
EMさんとお別れ、ゴミプールのお風呂300円に入り帰宅しました。

これから有馬記念、キタサンブラックから馬連を薄めに数点購入しました。
スポンサーサイト

大滝根山 入水鍾乳洞 2017年11月5日

11月3日から福島競馬開催、やはり目の前で馬が走るのは楽しい。
3日は天気も良く、馬券もそこそこ当たり楽しめました。
4日は会社の同僚宅でBBQ、飛露喜や而今など酒とまるぎんの刺身など、
美味しく頂きました。

さて5日はEMさんと久しぶりの山歩き。まだ歩いてない大滝根山へ。
星の村ふれあい館を過ぎ、廃墟になったあぶくま高原ホテルの駐車場
8:10出発
17110497.jpg

こちらを進みます。
17110498.jpg

沢沿いの道を歩きます。
17110499.jpg
沢の水の音が楽しい。

賽の河原、地蔵様
17110501.jpg
ここを右に、日山権現方面へ

かなりの急登です。火山権現の説明
17110502.jpg

仙台平からの登山口に合流
17110503.jpg
振り返って撮影、左が仙台平方面の下り、右が登ってきた登山道
ここからはなだらかな尾根道。

刈り払いされた送電線の下で展望が開けました。
17110504.jpg
風力発電のプロペラ塔

山頂の大嶽根山峯霊神社9:30
17110505.jpg

山頂は自衛隊の駐屯地
17110506.jpg

梵天岩
17110507.jpg

梵天岩の上からはレーダー塔が望めました。
17110508.jpg

下山は霧島権現経由のつもりですが道が見当たりません。
神社から自衛隊敷地の網に沿った場所に案内が倒れてました。
9:40下山開始

下山道も結構急です。
17110509.jpg
ロープを使う場所もあります。

御沢子育地蔵尊
17110510.jpg
ここからは緩くなり、沢を渡渉しながら下山します。
10:30下山、2時間20分でした。コーヒーを飲むタイミングを逸したので
車を置いた廃墟のあたりでコーヒー。

EMさんとはここでお別れ、私は入水(いりみず)鍾乳洞へ
17110511.jpg
ここはワイルドな鍾乳洞として有名、地下水が流れる中をびしょ濡れになり進みます。
ヘルメット(自転車用)、ヘッドランプ、Tシャツ短パン、山用サンダルを持参。
Bコース700円を払って更衣室で着替えます。カメラはZIPLOCに入れます。
着替えた後説明を受けます。
まず水は冷たく足が痺れます。5分くらいすると慣れてくるとの事。
胎内くぐりは頭から突っ込むこと、足から入ると抜けなくなるとの事。
第二胎内くぐりは四つん這いとなる、約6m這います。

入口
17110512.jpg

こんな感じで進んでいきます。
17110513.jpg

Aコースはこんな場所もあります。
17110514.jpg

Aコース終点、Bコースはここから始まります。
17110515.jpg

水の中を進み、胎内くぐり、第二胎内くぐりも無事通過
Bコース終点
17110516.jpg

終点のカボチャ岩
17110517.jpg

帰路は同じ道を戻るので緊張感はありません。
出口には「喜びの窓」と書かれてました。
17110518.jpg

短パンと下着はびしょ濡れ、ヘルメットはあちこちぶつけ
傷がついてました。ヘルメット持参して良かったです。

星の村ふれあい館のお風呂400円が、Bコースを行くと200円引きの200円。
芯から温まりました。

おしまい。

猫魔ヶ岳 2017年9月10日

9日の飲み会は早めに切り上げ、10日は同僚のEMさんと山歩き。
7時四季の里集合し、雄子沢(おしざわ)駐車場へ私の車を置き、八方台へ。
7:45八方台駐車場の先へ駐車、このスペースも半分埋まってました。
帰ったら路上にも車が駐車してました。

8:00八方台駐車場、登山口はトイレの逆側
17091052.jpg

ブナ林の中をなだらかに登って行きます。
17091053.jpg
あまりに登山道がなだらかなので歩きがいがないくらい。

スキー場の上に出ると猪苗代湖が見えました。
17091054.jpg

9:00猫魔ヶ岳に着きました。
17091056.jpg

逆光ですが磐梯山
17091057.jpg

吾妻連峰
17091058.jpg
西大巓と西吾妻だけが雲の中

猪苗代湖
17091059.jpg

アゲハ蝶も休憩中
17091060.jpg
水飲み休憩5分ほど、猫石に向かいます。

猫石9:20
17091061.jpg

雄国沼
17091062.jpg
沼の左奥の湿原にニッコウキスゲが咲きます。

雄国山
17091063.jpg
おそらく右のなだらかな山だと思います。

ここでお湯を沸かしコーヒータイム、9:40出発

こちらもブナの林が美しい
17091064.jpg

沼に近づいたらトリカブトが咲いてました。
17091065.jpg

排水溝から対岸の湿地帯方向
17091066.jpg

振り返って猫石方向
17091067.jpg

休憩舎10:40着、腹が張っていたのでトイレに間に合いました。
雄国沼は50年前の猫魔ヶ岳の山体崩壊によって出来たとの事
17091068.jpg

猫石は化け猫伝説があるそうです。
17091069.jpg

10:50休憩舎発、11:35雄子沢へ着きました。
私の車で八方台へ。路上駐車で凄いことになってました。

今日のお昼は「そばさだ」
17091070.jpg

天ぷらそば900円+大盛200円
17091071.jpg
天ぷらは野菜5種、子鉢3個が嬉しいです。ずいぶん値段が安いイメージ。
ソバは硬め、少し切れており短めになっていましたが美味かったです。
汁はもっと辛い(塩辛い)のが好みなので少し残念。

今日のお風呂は押立(おったて)温泉・住吉館
800円をクーポン券で100円引き。
ここの混浴露天風呂が気持ち良い。お風呂からサンダル履きで
板塀の通路を裏山へ行きます。歩けばすぐですが、緑の中にお風呂があります。
温めの単純泉ですが、山の中のお風呂といった趣きです。
紅葉の季節は更に素晴らしいと思われます。

山歩きに続き美味い物を食べお風呂で汗を流す、とても楽しい休日でした。

日山 2017年5月5日

今日も好天、競輪だけではもったいないので軽い山歩。
朝6:30自宅を出て、日山登山口へ。
7:30出発。案内板
17050587.jpg
日山に登り、茂原登山口(キャンプ場)へ下る予定。

歩き始めるとこんな感じ
17050588.jpg
なだらかな登山道

8:30山頂に着きました。山頂の案内板
17050589.jpg

日山神社の鳥居と社
17050590.jpg

展望台に上がり周囲を見渡しました。
奥の山が阿武隈山地最高峰の大滝根山
17050591.jpg

12月に登った移ヶ岳
17050592.jpg

安達太良連峰
17050593.jpg
左に磐梯山が見えます。

下山すると胎内岩
17050594.jpg
屈みながら通り抜けられます。

下山道もなだらか、気持ちが良い。
17050595.jpg

だいぶ下ると羽山(麓山)が目の前に
17050596.jpg

9:30茂原登山口に着きました。
17050597.jpg

きれいな山桜
17050598.jpg
青空に映えます。
林道を15分ほどで駐車場へ着きました。

今日のお風呂は名津目温泉500円。
10時からだったので、ほぼ口あけで入りました。

競輪に行く前に、二本松駅前の大山忠作美術館410円へ。
軽く鑑賞し、1階にある浪江焼きそばの店に立ち寄りました。
2組待っている人がおり、待つほどではないので中止。
サテライトあだたらで競輪。収支は3日間で計-2,000円でした。

明日、明後日は競馬の予定。

鹿狼山 2016年12月18日

今年最後の山歩き、同僚のEMさんと少し遠出しました。

今回は2人なので、蔵王眺望コースの下山口に車を置き
直登コースへ向かいました。9:00出発 鳥居をくぐります。
16121814.jpg
眺望コースを上がりました。

9:30山頂着、頂上には神社があり、案内板
16121815.jpg

展望は素晴らしい。太平洋
16121816.jpg
新地の旧市街は左の方

丸森方面
16121817.jpg

ここから連絡コースを下ります。
16121818.jpg
北斜面なので雪が残ってました。

ケヤキの森コースとの分岐にちょうど良い休憩ベンチがありました。
鹿狼山を眺めます
16121819.jpg
お湯を沸かしてコーヒータイム

10:20出発、蔵王眺望コースを下りましたが、蔵王は雲の中でした。
10:40山歩終了、デポした車で出発点へ。

鹿狼の湯駐車場へ着いたら鹿狼山が見えました。
16121820.jpg

鹿狼の湯
16121821.jpg

お風呂へ入る予定でしたが、12時からとの事。
1時間待つのは面倒なので、ここでEMさんと別れて帰宅しました。

休憩込み約2時間の軽い山歩、冬はこんな陽だまり歩きが楽しいけど
福島にはこんな場所が少ないです。

往復の車の運転が3時間なので、車を運転した時間の方が長かったです。