飯豊山 2017年8月13-14日

飯豊山 2017年8月12日から読んで下さい。

8月13日は大日岳往復する予定でしたが、霧雨で山の風景が見込めない。
昨日の疲れもあり、縦走を進めることにしました。
5:30出発。

右に雪渓を見ながら歩きます。雪渓歩きはありませんでした。
ヨツバシオガマ
17081385.jpg
この花もあちこちで見かけました。

ハクサンイチゲも咲いてました。
17081387.jpg

17081388.jpg

イブキトラノオの群生
17081392.jpg

ニッコウキスゲ
17081390.jpg

梅皮花小屋8:30-50
17081393.jpg
ここは水場が近くて豊富、トイレも水洗らしいです。

北股岳
17081394.jpg
今日の最高峰です。

門内小屋を過ぎ、梶川尾根分岐を右に別け
地神山11:10
17081396.jpg
ここで川入から上がったトレランの人と会話。
日帰りなので、ここで引き返すそうです。

ついに見つけました。イイデリンドウ
17081397.jpg

17081488.jpg
飯豊山の固有種です。小さくて可憐な花です。

頼母木(たもぎ)小屋12:20着
17081489.jpg
水を引いており豊富。トイレもバイオ式なので快適。1,500円
ここは新潟県胎内の登山会が管理。山のスケッチ展を宿泊棟でしてました。
水が豊富なので素麵を茹でた時、小屋番さんから刻みネギのプレゼント。
とても美味しく頂きました。ありがとうございました。

小屋では、200名山中の御夫婦、50前半の単独男性、単独女性などと同宿しました。
50前半の男性は川入インで、当日は杁差(えぶりさし)を往復し、翌日丸森尾根下山。
単独女性は丸森尾根を上がり翌日下山、山のスケッチ展を見に来たとの事。
11:40飯豊山荘のバスがあるとの事なので、翌日は男性と同行しました。
彼は健脚で、私が疲れてきたので30分ほど遅れ、ご迷惑をおかけしました。

5:40小屋を出発。
丸森尾根を下山し始めるとここにもニッコウキスゲ
17081490.jpg

ガレ場を下るとガスが切れ始めました。
17081491.jpg

梶川尾根
17081492.jpg

丸森尾根分岐
17081493.jpg
山の写真はこれだけです。またガスに包まれました。

結構急斜面を下ります。最後の方でちょっときつい岩稜、
足場が見えず苦労してしまいました。また飯豊山荘が見えてからが長い。
もうすぐと思いながらガレているため中々進みませんでした。
バテていたのでそう思うのかも知れません。

10:20飯豊山荘下山、風呂500円。
風呂上がりにビールを飲んでいたら、頼母木小屋で同宿の女性と会いました。
バス時間を確認してくれており、11:40のバスは運休と調べてくれていました。
更に山形から車で来ているとの事で、小国駅まで乗せてもらいました。
もしお会いできなければ15:25まで4時間待つことになります。本当に感謝します。

12時小国駅まで送って頂きお別れ、単独行の男性と昼食、14:13の米沢行きの電車に乗り
15:40山形新幹線に乗り帰宅しました。

単独行の男性は、こんな方 動ける限りは走り続けよう
この方とも話をしながら時間潰しできました。ありがとうございました。

今回は大日岳も杁差岳もパスしました。再訪したいと思います。その時のためのメモ。
飯豊山のコースタイムは、最初は3/4で歩けるのですが、バテるとコースタイム通りに
なります。私の場合初日は6時間まで、2日目以降は4時間までで、それ以上は
コースタイム通りの予定を立てた方が良いと思います。

皆さんにご協力頂き無事帰ることが出来ました。ありがとうございました。
スポンサーサイト

飯豊山 2017年8月12日

今年の夏季休暇は10連休、でも天気は思わしくない。
でも長期休暇は今だけなので、予定通り飯豊山へ出かけました。

8月11日は川入への移動のみ。会津若松の駅前で昼食をとり、
山都駅から出るアクセスバスの時間の電車に乗車。

川入の民宿「高見台」に宿泊。夕食には熊肉の煮物、イワナの甘露煮など
美味しい料理でした。翌日は4時半朝食後、5時登山口まで車で送ってもらいます。

小白布沢登山口、飯豊トンネルへ続く道から、左に細い林道があるのですが
入口には鍵付きのロープ、ここから歩きます。この林道は木を切り出した時に
車が入れるようにした作業道、登山道も作業道を整備したそうです。
林道入口の300m先に駐車場があるので、かなり使い勝手が良さそうな登山口です。

長々と書いてしまいました。これからは写真中心にします。
5:30出発、歩き始めは霧の中を歩きます。
17081261.jpg
沢を2回渡渉しますが、歩きやすい道でした。
なんと横峰に7:00に合流、御沢より1時間短縮しました。

峰秀水7:20-30
17081262.jpg
冷たい水でした。剣ヶ峰の手前、気を引き締まる前に休憩する絶好の場所です。

剣ヶ峰が始まります。
17081263.jpg
30分強、長い岩稜が続きます。数か所クサリもありますが三点支持を
しっかりすれば安全に通過できます。下山時の三点支持は足の置き場が
見えにくいので、あまり下山に使いたくないです。

剣ヶ峰を抜けるとすぐ三国小屋8:40-9:00
ここからはお花畑が続きます。
チングルマの群生
17081267.jpg
チングルマのアップ
17081268.jpg

この花は判りません。
17081269.jpg

マツムシソウ
17081271.jpg
マツムシソウはここだけでなく、あちこちで咲いてました。
またハクサンシャジンも多く咲いてました。

切合(きりあわせ)小屋10:30-50
17081272.jpg
飯豊山中で唯一食事を提供してくれます。
小屋前に水場があり助かります。

今回はガスの中ばかりなので、10年前の写真を2枚
地蔵岳付近から見た飯豊本山
07081384.jpg
左の方に小さく切合小屋が写ってます。

切合小屋付近から見た大日岳
17081398.jpg
晴れていればこんな景色が見えるのですが今回は全く見えません。

ここからもお花畑が続きます。
エゾリンドウは開花前
17081273.jpg

今回唯一の雪渓を歩きます。
17081274.jpg
雪渓の入口と出口は踏み抜きそうで結構怖いです。

チングルマ
17081275.jpg

アオノツガザクラ
17081276.jpg

アオノツガザクラのアップ
17081278.jpg

ミヤマキンポウゲかな?
17081279.jpg

ハクサンフウロ
17081280.jpg

御秘所
17081281.jpg
2回ほど岩を跨ぎますがあまり大した事はありません。

本山小屋12:50-13:00
17081282.jpg
良いペースで登りました。予定の御西小屋へ向かいます。
本山へ向かう途中、20人ほどの空身の団体とすれ違いました。
おそらく今日の本山小屋はかなりの混雑になるでしょう。

飯豊本山13:10-20
17081283.jpg
周囲は何も見えません。

ここからの稜線歩きは、アップダウンも少なく快適です。
ニッコウキスゲもあちこちで見る事が出来ます。
17081284.jpg

御西小屋14:40着。写真失念
先に水場へ行きましたが、下り5分登り7分疲れた体には結構遠い。
協力金2,000円、トイレは汲み取り式。
小屋では小国山岳会の方たちを中心に10名ほど宴会中。
小屋は新潟県阿賀町が所有してますが、小国山岳会が管理してました。
一般者は2階に15名程度、楽にスペース確保できました。

翌日に続きます。飯豊山 8月13-14日

南蔵王 2017年8月6日

3週前はガスと雨混じりのため駐車場まで行って引き返しましたが、
キンコウカが楽しみなので再度行くことにしました。同行者はいつものEMさん。
途中霧が深くて不安がありましたが、刈田岳が見えるあたりに来たら
霧が晴れ、絶好の山日和でした。
7:20駐車スペース着、運よく空いてました。7:30出発。

駐車スペースから見た山並み
17080669.jpg
右から前山、杉ヶ峰、芝草平を越えなだらかな屏風岳へ続きます。

登山道に入るとすぐキンコウカがお出迎え。
17080670.jpg

キンコウカのアップ
17080671.jpg
芝草平が楽しみです。

前山手前のガレ場から刈田岳を見上げます。
17080673.jpg

ハクサンシャジン
17080674.jpg

ミネウスユキソウ
17080675.jpg

前山に上がって、朝日岳
17080676.jpg

来週行く予定の飯豊山
17080677.jpg
月山は雲が邪魔してました。

芝草平に着きました。
17080680.jpg
不忘山とキンコウカの芝草平

キンコウカが満開でした。
17080682.jpg

17080683.jpg

ここでコーヒータイム
17080684.jpg

キンコウカの中でコーヒーを飲みます。
17080685.jpg

9:50屏風岳に着きました。不忘山は見えましたが雲海しか見えません。
10:00引き返すことにしました。

歩きながらアサギマダラが待ち受けてました。
17080686.jpg

11:30駐車場戻り。4時間の山歩き、久しぶりに快適です。
今日のお風呂は、宮城蔵王ロイヤルホテル、1,000円がクーポン券で600円。

今日は休憩時にパンを食べたのでラーメンは無し。
代わりに、ゆでトウモロコシを食べて帰宅しました。

駐車スペースで隣に駐車した人と話をしたところ、福島出身で同じ年齢。
出身中学の知り合い(彼は四中、私は岳陽)の懐かしい名前が出てきて楽しかったです。
彼とは屏風岳でお別れしました。

鷹勇・涼 阿久根S型白麹 2017年7月26日

最近の週末は雨模様。先々週16日は蔵王に行ったけど
ガスと雨交じりのため引き返しました。先週は完全に競馬モード。
今週末も雨模様、ということでお酒の紹介です。
鷹勇 涼 2,700円(税込)
17072653.jpg
さわやかな渓流イメージのラベル
夏酒をイメージしていると思われます。

夏の純米酒 鳥取県の大谷酒造
17072655.jpg

17072656.jpg
酸味と雑味が少ないサッパリした味わい。
甘味と旨味はしっかり感じられます。
癖がなく夏に飲むには最適です。

続いて 阿久根 2,057円(税込)
17072657.jpg

焼芋焼酎で有名な黒瀬杜氏
17072658.jpg

この酒はS型白麹を使用しています。
17072659.jpg

17072660.jpg
新酒の無濾過を飲んだけど、これは一般酒。
甘味すっきり、逆にいえば芋臭さが少なく飲みやすい。
値段も安いし普段飲みとしては最適かも知れません。
尾込酒造のさつま寿と並んで気に入った酒となりました。
でも大石酒造も捨てがたいなあ。

今年の夏休みは飯豊山縦走を計画してます。10年前に
大日杉から大日岳往復をしましたが、今回は川入イン小国アウトの予定。
夏山に向けて、事前に1,000mのアップダウンか6時間の歩きを
するようにしてるのですが、最近の週末は雨模様のため
トレーニングが出来ません。芍薬甘草湯が手放せないかもしれません。

カドクラ 落語 まつや 東十条 2017年7月7日

いつも通り見やすくするため逆に書きます。
今日7月7日は休暇を取得して東京へ。メインの目的は明日の吉田博展ですが、
久しぶりに再会する人との会話も楽しみです。

上野で下車、立飲みカドクラでホッピー
17070719.jpg
ポテサラとスジ煮込み:どちらも150円

ハムカツ
17070720.jpg

煮込みとデュワーズハイボール
17070721.jpg
デュワーズはモルトとグレンのブレンドが絶妙のスコッチです。
1,500円くらいで飲み食べしました。

神田須田町へ移動。連雀亭へ落語を聴きに行きました。
17070723.jpg
ここは二ツ目の落語家に話す機会を増やそうと、
古今亭志ん輔さんが中心となって始めた場所です。
39席しかなく、演者と客席とても近いので顔色を伺いながら噺を進めます。

11:30-12:30の3人が500円、13:30-15:00の4人が1,000円の木戸賃
17070722.jpg
寄席の二ツ目も持ち時間は10分、ここでは20分以上の持ち時間があり、
マクラもしっかり話せるし、前座話でなく人情物を話すことも可能。
今回の皆さんはマクラで笑わす人が多かったです。

合間が1時間あるので、神田まつやで蕎麦を食べました。
大モリ800円
17070724.jpg
辛めの汁が美味いです。

店はこんな感じ
17070725.jpg

今回入りませんでしたが、神田やぶ蕎麦
17070727.jpg
5年ほど前の火災の後、再建されました。

東十条に移動。まだ入店してない新潟屋へ行きました。開店16時に入店
お通しの糠漬けと煮込み
17070728.jpg

もつ焼きは2本しばり、シロとチレ
17070729.jpg

カシラと???(忘れた)
17070730.jpg
ボールを2杯飲んで2,500円。美味しかったです。

店はこんな感じ。
17070731.jpg

東京はもつ焼きの名店が多い。なぜなら毎日市場が立つので
新鮮なもつが手に入ります。福島では木曜のみなので、木曜か金曜が
一番美味しい。ところが東京では大量に豚が消費されるため、
肉よりずっと美味しいホルモンが毎日購入できるのです。

今回は色んな煮込みを楽しみました。